米政権 中国系アプリ禁止の前政権命令を撤回

米政権 中国系アプリ禁止の前政権命令を撤回

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/10
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカのバイデン大統領は中国系動画投稿アプリ「TikTok」の利用などを禁じたトランプ前政権の大統領令を撤回しました。

バイデン大統領は9日、「TikTok」やSNSアプリ、「WeChat」など中国系のアプリについて、安全保障上の理由から利用などを禁じるとしていたトランプ前大統領の命令を撤回しました。

中国を含む外的勢力から個人情報を守るため、代わりの措置としてリスクがあるアプリだと特定するために「軍との関係が深い」などの評価基準を設け、商務省に対し、各アプリの精査などを命じる新たな大統領令に署名しました。

新たな大統領令では、外的勢力によるさらなるリスクに対応するため、商務省に対して追加の行政措置や法的措置の検討も求めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加