コロナワクチン接種後の心筋炎:北欧、若年者のモデルナ製ワクチン接種を停止

コロナワクチン接種後の心筋炎:北欧、若年者のモデルナ製ワクチン接種を停止

  • アゴラ
  • 更新日:2021/10/14
No image

NordicMoonlight/iStock

スウェーデン、若年層へのモデルナワクチン接種停止と報道されました。

No image

スウェーデン、若年層へのモデルナワクチン接種停止スウェーデン保健当局は6日、1991年以降に生まれた人に対する米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン接種を停止すると発表した。ワクチンを接種した若年層の間で、心筋炎や心膜炎などのまれな副反応の症例が増加している可能性を示すデータを受けた措置。jp.reuters.com

心筋炎と心膜炎のリスクのため、30歳以下の人のモデルナ製ワクチン接種を停止したという話です。スウェーデン当局は、「とりわけモデルナ製ワクチン2回目接種後の相関関係は明白」としています。また、デンマークも、年齢18歳以下に対するモデルナ製ワクチン接種の停止を発表しました。

今一度、接種回数に着目してデータの分析をすることにしました。厚労省が公開しているデータをVBAを用いて自動集計し、グラフを作成しました。

No image

報告例は、178例まで増加しました。接種1回目が94例、2回目が84例でした。

No image

モデルナ製ワクチンで65歳未満の症例を集計しました。接種1回目が23例、2回目が26例でした。

No image

ファイザー製ワクチンとモデルナ製ワクチンの65歳未満の症例をそれぞれ集計し、表にまとめました。接種後8日以降は、偶発症例の可能性が高くなるため、接種後7日以内の症例に限定した集計も試みました。倍数は、2回目の症例が1回目の症例の何倍かを示しています。

No image

ファイザーとモデルナでは、接種回数が大きく異なるため、厚労省が公開している接種回数データをもとに、ファイザーの人数を補正しました。

モデルナの方が多く、ファイザーの1.9倍です。

No image

モデルナ製ワクチンで、接種後7日以内の症例を、更に詳細に分析してみました。10歳代、20歳代、30歳代、40歳代の人数を表にまとめました。発生確率も計算しました。接種100万回あたりの発生件数を示しています。

発生確率が高いのは、10歳代と20歳代です。

No image

ファイザー製ワクチンで、接種後7日以内の症例を、同様に分析してみました。なお、人数は補正前のものです。

発生確率が高いのは、20歳代です。

日本のデータを分析した結果、発生確率が高いのは、モデルナの10歳代と20歳代であり、スウェーデン当局の見解と一致しました。次に高いのが、ファイザーの20歳代でした。スウェーデンでは、30歳以下では、モデルナ製ワクチンをファイザー製ワクチンに切り替えるとしていますが、本当にそれで大丈夫なのか、若干疑問が残ります。

心筋炎の診断治療ガイドラインよりの引用です。

心筋炎のほとんどは無症候性に,あるいは他疾患に姿を変えて日常診療上現れている。

この一文は、非常に重要です。無症候の場合は、そもそも病院を受診しませんし、他疾患の症状で受診した時は、ほとんどの場合には心筋炎とは診断されないわけです。本当の発生確率は、前述のそれより、遙かに高い可能性があります。「10代男性、ファイザー製ワクチンの副反応がコロナ入院の確率より4~6倍高い」という報告もあります。日本でも、若年者のワクチン中断について、もっと議論すべきではないのかと、私は思います。

幸い、無症候~軽症の心筋炎は、自然治癒する場合が多いようです。増悪させないように、急性期をやり過ごすことが大切です。若年者のモデルナ製ワクチンの中断は難しいのかもしれませんが、せめて「接種後1週間は、激しい運動を控える」という注意喚起を公式にだしてほしいと、私は切に願います。

鈴村 泰

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加