【オールカマー枠順】三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番、9カ月ぶり復帰戦ソーヴァリアントは4枠4番

【オールカマー枠順】三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番、9カ月ぶり復帰戦ソーヴァリアントは4枠4番

  • SPAIA
  • 更新日:2022/09/23
No image

ⒸSPAIA

デアリングタクトは6枠8番

2022年9月25日に中山競馬場で行われるオールカマーの枠順が確定した。一昨年の秋華賞以来の勝利を目指す三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番、骨折からの復帰初戦となるソーヴァリアントは4枠4番に入った。

1枠1番 ロバートソンキー 56.0 伊藤工真
2枠2番 ジェラルディーナ 54.0 横山武史
3枠3番 ウインキートス 54.0 松岡正海
4枠4番 ソーヴァリアント 56.0 川田将雅
4枠5番 ヴェルトライゼンデ 56.0 戸崎圭太
5枠6番 クリスタルブラック 56.0 吉田豊
5枠7番 アドマイヤアルバ 56.0 原田和真
6枠8番 デアリングタクト 54.0 松山弘平
6枠9番 クレッシェンドラヴ 56.0 内田博幸
7枠10番 テーオーロイヤル 56.0 菱田裕二
7枠11番 キングオブドラゴン 56.0 三浦皇成
8枠12番 フライライクバード 56.0 福永祐一
8枠13番 バビット 56.0 横山典弘

No image

新潟開催の14年を除く、直近10回でデータを見る。連対率トップは1枠の42.9%で、次点が2枠の20.0%。対照的に8枠は【1-1-0-19】と苦戦しており、キレイに内枠有利の傾向が見られている。とはいいながらも、1~3番人気馬に限れば5~8枠でも【4-1-5-6】で複勝率が6割を超えているので、人気馬に関しては枠順不問でよさそうだ。

《関連記事》
【オールカマー】ハイブリッド式消去法の本命はデアリングタクト! 内枠なら要注意のキングオブドラゴン
【オールカマー】宝塚記念組デアリングタクト、中山巧者ヴェルトライゼンデ優勢 割って入るかソーヴァリアント
【神戸新聞杯】やっぱり実績上位のプラダリア! ボルドグフーシュ、パラレルヴィジョンは「上がり馬」になれるか

SPAIA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加