ともにオールブラックスに勝ったアルゼンチンとオーストラリアが対戦。トライネーションズ2020

ともにオールブラックスに勝ったアルゼンチンとオーストラリアが対戦。トライネーションズ2020

  • J SPORTS
  • 更新日:2020/11/20

オールブラックスを下して勢いに乗るチーム同士が激突する。

オーストラリアで10月31日(土)に開幕した、ニュージーランド代表、オーストラリア代表、アルゼンチン代表の南半球3か国による対抗戦「トライネーションズ2020」。今週11月21日(土)は、「ロス・プーマス」こと、アルゼンチン代表が、「ワラビーズ」こと、オーストラリア代表とオーストラリア・ニューキャッスルで激突する。

先週が今大会、そして今年初のテストマッチとなったアルゼンチンは、ニュージーランドにFWと密集戦で圧倒して、25-15と勝利した。オールブラックスへの30回目の挑戦で初めての歴史的な白星だった。

今大会前からオーストラリアの前HCだったマイケル・チェイカが、アルゼンチン代表のアシスタントコーチに入り、そのチェイカコーチにとって古巣との対戦となる。今週のオーストラリア代表戦の先発は、勝利したオールブラックス戦とまったく同じ15人で臨む。

まずFWは、PRに31歳のナウエル テタス・チャパロと35歳のフランシスコ・ゴメス・コデラのベテラン2人と、HOフリアン・モントーヤがフロントローを務める。

No image

LOがグイド・ペティとマティアス・アレマンノ、FL(フランカー)は先週、身体を張ってチームを鼓舞したキャプテンのパブロ・マテーラと、マルコス・クレメル、ともにフランスでプレーする2人がコンビを組み、NO8はロドリゴ・ブルーニが入った。

BKはブランビーズでもプレーしたSHトマス・クベリ、先週の試合でアルゼンチンの全得点(25点)を挙げてMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いたSOニコラス・サンチェスの2人がゲームをコントロールする。

CTBが先週初キャップの21歳サンティアゴ・チョコバレスと、マティアス・オランド、WTBにはベテランのファン・イモフと若きエースのバウティスタ・デルグイ、FBは22歳の新鋭サンチャゴ・カレーラスが入った。

また、リザーブには先週ケガで欠場したWTBエミリアノ・ボフェリ、LOファクンド・イサ、HOサンチャゴ・ソシーノらが入った。

マリオ・レデスマHCは、今までやってきたことをやり続けるだけだ。選手たちは何が大切なことかを理解してやっている。(オールブラックス戦の勝利翌日の)日曜から、リーダーたちを中心として、SNSなどでのお祝いのコメントを極力シャットダウンし準備を始めていた。

その上で水曜日には少しオフをとって、経験豊富な選手たち主導でバーベキューをしてリラックスし、結束を強めた。ベンチには今回経験豊富な選手を入れた。非常に良いインパクトを与えてくれることを期待している」と語った。

一方のオーストラリアは、2戦連続で「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表と対戦し、10月31日(土)の初戦は5-43と大敗したが、11月7日(土)に行われた2戦目は意地を見せて24-22と競り勝った。

先週は試合がなく、1週の休みを挟んで、今年初めてアルゼンチン代表と対戦する。デーヴ・レニーHC(ヘッドコーチ)は、先々週のオールブラックス戦からFW(フォワード)3名の先発を変更した。

PR(プロップ)は、ケガのベテラン、ジェームズ・スリッパーと、アラン・アラアラトアに替えて、経験豊富なスコット・シオと、前回のオールブラックス戦で決勝のトライを挙げたタニエラ・トゥポウが先発。HO(フッカー)ブレンダン・パエンガ アモサと第1列を形成する。

No image

LO(ロック)はロブ・シモンズとマット・フィリップ、FL(フランカー)は、オールブラックス戦でレッドカードを受けて出場停止のラシー・スウィントンに代わり、来シーズンから日本の栗田工業でプレーすることになったネド・ハニガンが先発に返り咲いた。

そして、やはり来季は日本のトヨタ自動車でのプレーが決まっているキャプテンのFLマイケル・フーパーとコンビを組む。NO8(ナンバーエイト)は今秋代表デビューを飾った20歳のハリー・ウィルソンが引き続き先発する。

BK(バックス)は、SH(スクラムハーフ)ニック・ホワイトと、前回のオールブラックス戦でSO(スタンドオフ)に抜擢されたリース・ホッジが、引き続きハーフ団を形成する。CTB(センター)は22歳のハンター・パイサミと、20歳のジョーダン・ペタイアのフレッシュなコンビだ。

WTB(ウィング)は2019年のオーストラリアの最優秀選手のマリカ・コロインベテと、先々週のニュージーランド代表戦で初キャップ&初トライをあげた23歳のトム・ライトが両翼を務め、FB(フルバック)はトム・バンクスが引き続き務める。

また、強力なアルゼンチンのFWに対抗するため、5人のFWをリザーブに置き、113kgのロブ・ヴァレティニ、101kgのリアム・ライトの23歳のバックロー2人をベンチに入れた。LOの控えがいないため、交代が出た場合はFLハニガンが、LOへシフトするはずだ。

レニーHCは「グループとして、私たちは、リスペクトというものは日々得られているものだということをわかっている。トレーニングで、もう一度質の高い努力をして、それが土曜日の夜の最後のパフォーマンスのバックアップとなること重要性を理解している」。

「このトーナメントはどのチームも公平で、私たちの運命は私たち自身の手にある。アルゼンチンが先週末の試合で非常に情熱を燃やして戦っていたことを見て、(今週の)ニューカッスルで彼らにチャレンジできることに興奮している」と意気込んだ。

オーストラリア代表とアルゼンチン代表は、1979年10月にアルゼンチンのブエノスアイレスで対戦し、アルゼンチン代表が24-13で勝利して以降、これまで32戦しており、ワラビーズが25勝1分5敗とリードしている。

アルゼンチン代表がオーストラリア代表をアウェイで破ったのは過去2度のみで、1983年にブリスベンで24-13、ゴールドコーストで戦った2018年のザ・ラグビーチャンピオンシップでは23-19で勝っている。

休養十分のワラビーズが武器とするセットプレー、規律あるディフェンスを軸にしっかりと勝利するか。それともオールブラックスを破って勢いに乗るロス・プーマスが、接点とディフェンスで上回り、SOサンチェスの正確なキックを武器に優位に進めて、2016年6月以来となる対ティア1チーム連勝となるか。

ともにオールブラックスに勝利した後の試合となる注目の一戦は、オーストラリア・ニューキャッスルのマクドナルド・ジョーンズ・スタジアムでキックオフされ、11月21日(土)午後5:30から、J SPORTS 1で生中継&J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

文:斉藤健仁

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加