順天堂大が1位で箱根本戦出場権 スーパー1年生・三浦が快走 城西大、山学大は復帰

順天堂大が1位で箱根本戦出場権 スーパー1年生・三浦が快走 城西大、山学大は復帰

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/17
No image

箱根駅伝予選会を日本人1位でゴールする順天堂大の三浦龍司(代表撮影)

「箱根駅伝予選会」(17日、陸上自衛隊立川駐屯地周回コース)

順天堂大学が1位で本戦の出場権を得た。

9月のインカレ・3000メートル障害で大会新を出して優勝し、スーパー1年生の呼び声が高い三浦龍司が快走したほか、各選手がタイムをまとめた。

順大は今年の1月に行われた前回大会は14位で、シード権を失っていた。

2位以下は中大、城西大、神奈川大、国士舘大、日体大、山梨学院大、法大、拓殖大、専大。

前回大会本戦に出場した筑波大は11位で、本戦出場を逃した。中央学院大や上武大、初出場を目指した麗澤大、駿河台大も涙を飲んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加