ジャニーズWEST、ご当地チャンピオンと戦いながら東北を満喫

ジャニーズWEST、ご当地チャンピオンと戦いながら東北を満喫

  • TVガイド
  • 更新日:2022/01/15
No image

関西テレビでは1月29日に「GO!GO!WEST!! 冒険したってええじゃないか ご当地ビックリ対決 in 東北」(午後2:57、関西ローカル)を放送。ジャニーズWEST(重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濵田崇裕、小瀧望)が、冒険しながらご当地チャンピオンに戦いを挑む。

2014年9月に放送した第1弾「冒険したってええじゃないか! NIPPON 変・珍・ビックリ旅」では、ジャニーズWESTが沖縄の魅力を楽しみながら伝え、第2弾以降は「GO!GO!WEST!! 冒険したってええじゃないか ご当地ビックリ対決」と題して、ご当地選手権(大会)のチャンピオンと対決する番組に。これまで、北海道、四国、北関東、九州、中国地方で各地のチャンピオンと対決を繰り広げてきた。今回は初めて昼の時間帯でオンエアとなる。

第7弾となる今回の舞台は、東北地方の岩手県と青森県。三陸鉄道の貸し切り車両内で行うわんこそば対決や、青森県三沢市にある「星野リゾート青森屋」でのねぶた祭の踊り「跳人(はねと)」対決、岩手県安比高原スキー場での肥料袋で滑る“けっつじょり”や“人間ボウリング”、北津軽郡鶴田町の「ツル多はげます会」主催の大会での頭につけた吸盤を引っ張り合う綱引き対決など、ジャニーズWESTが力を合わせてチャレンジ。さらに、東北グルメや温泉を満喫するなど、観光情報も満載だ。

ロケを終え、重岡は「東北の皆さんが優しくてノリノリで参加してくれました。今回のロケで東北をめちゃくちゃ好きになりました。勝負事は負けると本気で悔しいので、絶対勝つぞっていう意気込みで臨みましたね。僕はメンバーとずっと一緒にいて、ずっと笑っているのでそこを見てほしいです」と嬉しそうで、「今回、跳人もねぶた祭も初めて見させてもらい、一目ぼれしちゃったので、ねぶた祭に絶対行こうと思いました。ソリジャンプも楽しかったなぁ。子どもの頃に戻った感じで、おしりに段ボールを敷いて滑るのとか、よくやっていたので。まさかあれが競技になっているとは思わなかったです。宿泊したホテルでは、露天風呂に流星と1時間ぐらい一緒に入ってました。ご飯もおいしかったし、ホタテのおみそ汁や、ニンニクもおいしかったです。第7弾は、本当に波瀾(はらん)万丈でした。勝負に勝ったのか負けたのか? ぜひ楽しみにしてください。東北サイコー!」と満足げ。

桐山も「人がすごく温かかったですね。出演してくれたチャンピオンの方々もそうですけど『応援してるよ』『見てるよ』って言ってくださる方が多かったので、すごくありがたかったです。今回は青森・岩手だったけど、秋田とかもお祭りが多そうだから、また東北に来たいですね。わんこそば対決は、まだまだ食べられると思いました(笑)。今度は自分が何杯食べられるのか本気でやってみたいですね」と早くも再訪を希望し、「三陸鉄道にも乗りたいと思っていたんです。電車でゆっくり旅することがないので、こういう電車にゆったり揺られるのもいいなぁと感じるようになりました。最高でした。ジャニーズWESTはお祭り好きで、お祭りソングなどたくさん歌わせてもらっているので、跳人対決では、みんな必要以上にテンションが上がってました。リズムに乗って遊べるのがいいなと思いました。今回メンバーたちが面白いなとあらためて感じました。どんだけスベろうが助けてくれる仲間がいるのは素晴らしいです。お昼の放送になって、見ていただける層も変わると思うし、見てくれる方に『行きたいなぁ』と思ってもらえるように全力で楽しめたらと思います」と期待。

中間は「お昼の時間帯の放送は初めてですし、小瀧が以前から行きたいと言っていた希望がかなって、ジャニーズWESTのメンバーが初上陸だったので、東北はすごく楽しみでした。わんこそば対決で僕は結構頑張ったんですけど、シゲ(重岡)が本当に弱かった(笑)。電車内での対決だったから、景色を楽しみたいのに勝負に夢中になっていました」と明かし、「東北グルメでは、リンゴの天ぷらを初めて食べたんですけど、さっぱりしておいしかったです。僕、おつまみ系好きなので、ホヤもおいしかったです。ホタテのおみそ汁は今まで飲んだおみそ汁の中でトップクラスのおいしさでした。ねぶたは初めて見ました。跳人も面白かったし楽しかったです。雪が1mmも降ってないところでの雪山対決でしたね(笑)。雪予報がずれて、雪を見られなかったのですが、そういうのがジャニーズWESTらしいですね。チャンピオンも面白い方で、スノーボーリングもけっつじょりもいい意味でくだらない感じで(笑)、くだらないことを本気でやってるのが面白いです。毎回見てくださっている方からしたら、今回はご褒美的な要素もたくさんあるので、番組を見たら旅行に行きたくなるんじゃないかなと思います。いつもは勝負がどうなるかハラハラドキドキなんですけど、今回は観光の情報も入ってるので、東北の魅力が伝わればいいなと思います」と満喫し、「メンバーと地方にロケに行ったらグループメールでアルバムを作るんですよ。今回もそれでみんなで写真を送り合って、あらためていいグループだと思いましたね」とメンバーとの絆も実感する、よき経験となったようだ。

神山は「東北は温かい人がすごく多いというイメージで、自然もたくさんあるし、個人的に東北地方にまた旅行に来たいなと思いました。僕はスイーツをいっぱい食べられたのがうれしかったです。わんこそば対決は、朝イチでやることではないですね(笑)。三陸鉄道さんにもご協力いただいて、景色も奇麗で海のそばを走って…そんな中でわんこそばを一生懸命食べました(笑)。大人になって体を動かす機会が減っているなかで、跳人のチャンピオンは40年ずっと跳人をやってると聞いて、人生懸けてやってることがある人って、年齢を重ねてもいきいきしてキラキラしてるなと感じました。初めて踊りを生で見て、ねぶた祭を実際に見たいなと思いました」と感銘を受けた様子で、「ジャニーズWESTがデビューして7年たって、メンバーそれぞれのキャラクターも確立されてきて、それを生かせる番組をさせてもらえる、すごい素が出る番組です。今後は東海地方・中部地方に行って、最後は関西で! ホームで勝ち星上げたいですね」と、今後に向けての野望も口にした。

「ジャニーズWESTを知らない方にも楽しんでもらえる番組になっていると思いますし、変わらず僕ら7人がワチャワチャしてる姿も見られるので、いろんな方が楽しめると思います」という藤井は、「跳人は踊ってみて、“跳人大喜利”みたいになっていたのでソワソワしてました(笑)。自由にやってくださいとしか言われなかったので…関西育ちの7人なので、何かしないとダメなんだろうなと。最後の小瀧がそのハードルをどう乗り越えるかっていう…小瀧に注目です(笑)。食事も最高でした! ホタテや漬け丼とか、リンゴジュースもおいしかったです。リンゴの可能性すごいなって…リンゴの天ぷらは甘みがすごかったです。リンゴチップスもおいしかったですし、お土産にリンゴパイを買いました。第7弾もできてすごくありがたいことですし、僕ら自身も旅行感覚で楽しんでるところがあるので、ぜひ見てほしいです」とコメント。

濵田も「お昼の放送に変わっても、これまでと変わらず攻めてます(笑)」と宣言。「初めて跳人を生で見ました。ねぶた祭では跳人を1時間半も続けると聞いて、何十年も続けていらして大変だと思うんですけど、相当好きなんだなというのが伝わりました。やってみて思ったのが、思いのほかジャンプは難しい…普段ダンスをやっていても難しいです。東北は最高でした。あんなに柔らかくて甘いホタテは初めて食べました。みそ汁と刺身を食べたけど、刺身は衝撃的でした。今回は、けっつじょりの奇跡、ハプニング(?)を見てほしいです。跳人は神ちゃん(神山)のアクロバティックな部分にジャニーズらしさが出ていました。神ちゃん何かしてくれるかなと思ってたら、一番の大技を出してきて、僕もするか悩んだけど神ちゃんがかっこいい方をやったので、ボケました(笑)。対決だけじゃなくて、ご当地の素晴らしいところもしっかりと取り入れていますので、コロナ禍が落ち着いたら、皆さんにも行っていただきたいと思いますし、行きたくなると思います。青森と岩手の人の温かさもしっかりと感じられると思いますので見てください」と、見どころ満載であることを訴えた。

小瀧は「僕たちを通して東北のいいところを知っていただけたらうれしいので、楽しく見ていただけたらと思います。念願の東北にやっと来られましたね」と感慨深げに述べ、「本当に空気がおいしくて、東北ならではの濃いお祭りがあって。雪が降っていたらいいロケーションお届けできたのかなと思いますけど…そうではない魅力もお届けできたと思いますし、皆さんのキャラがすごくよかった。僕たちもすごく楽しませてもらいました。僕たちの素の部分が出ていますし、東北のお祭りの文化なども知ってもらえるいい機会だと思うので、ぜひ東北に旅行した気分になってもらいたいと思います」と呼び掛けている。

なお、シリーズ4作品は、1月15日午後0:00~2月5日の間、TVer、カンテレドーガで配信される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加