熊田曜子「ママ、性格が悪い役なの?」と不満顔 長女と台本読み合わせで

熊田曜子「ママ、性格が悪い役なの?」と不満顔 長女と台本読み合わせで

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/07
No image

幽霊ポーズのアインシュタイン・稲田直樹(左)の横で笑顔を見せる熊田曜子(中央)と暁月ななみ(撮影・西岡正)

タレントの熊田曜子(40)が6日、都内で行われた映画「怪奇タクシー 風の夜道に気をつけろ!」公開記念舞台あいさつに、アインシュタインの稲田直樹(37)、山田邦子(62)、山本高弘(47)らと登壇した。

森野達弥氏の漫画が原作で、タクシー乗務員が案内する、自動車をめぐるさまざまな怪奇現象を描いたホラーコメディー。熊田は映画出演に、「今まで写真やバラエティーのお仕事ははあるんですけど、せりふがあって言葉を発する仕事はだいぶなかったので、とってもうれしかったです」と喜んだ。

台本の読み合わせには、現在10歳になる長女が付き合ってくれたと明かし、「一人でぶつぶつ台本を読んでいたら、『ママ相手するよ』と言ってくれた」とにこり。しかし読み進めると「『ママ、性格が悪い役なの?』ってだんだんノリノリじゃない感じで。『なんで性格悪い役なの』って不思議がりながら相手してくれた」と苦笑いしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加