【卓球】“かすみう”石川佳純&平野美宇組が女子ダブルス棄権「私の足の不調により」平野美宇

【卓球】“かすみう”石川佳純&平野美宇組が女子ダブルス棄権「私の足の不調により」平野美宇

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

卓球全日本選手権 女子ダブルス準々決勝の第1セット、打ち返す石川。右は平野(2022年1月28日撮影)

<卓球:全日本選手権>◇第3日◇25日◇東京体育館

卓球の全日本選手権(23~29日、東京体育館)の主催者は25日、女子ダブルスでシードだった平野美宇(22=木下グループ)、石川佳純(29=全農)組が棄権すると発表した。2人は4回戦(26日)から登場予定だった。

主催者によるとダブルスのみを棄権し、シングルスはともに出場を予定している。平野は自身のインスタグラムを更新し「私の足の不調により、棄権することにいたしました。大変残念ですが、シングルス戦に全力を尽くしたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」などとコメントした。

2人はシングルスもシードとなっており、26日の4回戦から登場。今大会は24年パリ五輪(オリンピック)の代表選考ポイント対象となっており、シングルス優勝者には60点が与えられる。

パリ五輪選考ポイント上位6人(1月10日現在)は以下の通り。

<1>早田ひな 164点

<2>伊藤美誠 117・5点

<3>平野美宇 109点

<4>木原美悠 106点

<5>芝田沙季 102点

<6>長崎美柚 97点

<7>石川佳純 87点

<8>佐藤瞳 69点

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加