26日、寒波により各地で大雪...ソウル最大7cm積雪=韓国

26日、寒波により各地で大雪...ソウル最大7cm積雪=韓国

  • WoW!Korea
  • 更新日:2023/01/25
No image

26日、寒波により各地で大雪…ソウル最大7cm積雪=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国では寒波が続く中、26日には中部地方を中心に多くの雪が降る予定だ。ソウルでは最大7センチメートルの積雪が予想されている。

韓国気象庁は26日夜中から午前の間、全国的に多くの雪が降ると予報した。中部地方とキョンサンブクド(慶尚北道)北部内陸・慶尚北道北東山地の雪は、26日午後から夕方にかけて止むと見られる。

26日の夜から27日の夜明けまで、チュンチョン(忠清)南部の一部地域とホナム(湖南)、慶尚北道南部、キョンサンナムド(慶尚南道)西部内陸に雪が降ると予想される。湖南は27日午前まで雪が降る可能性がある。

チェジュ(済州)も26日夜から27日明け方にかけて、雪や雨が降る見込みだ。

25~27日の予想積雪量は、中部地方(キョンギ〈京畿〉東部とカンウォン〈江原〉を除く)・慶尚北道北部内陸・慶尚北道北東山地・チョルラブクド(全羅北道)・チョルラナムド(全羅南道)西部・済州山間部・済州山地・ソへ(西海)で2~7センチメートル、インチョン(仁川)・京畿西海岸・チュンチョンナムド(忠清南道)西海岸・済州山地では多いところで10センチメートル以上、京畿東部・江原内陸・江原山地1~5センチメートル、慶尚北道南部・慶尚南道西部内陸・全羅南道東部・済州海岸では1センチメートル前後だ。

ソウルを含む首都圏と忠清南道西部地域には、大雪予備警報が発令された。予備警報は25日の夜から大雪警報に転換される。

26日、朝の最低気温はマイナス13度からマイナス4度の間と予想される。内陸地域の朝の気温はマイナス10度前後にとどまる。全国の昼の最高気温はマイナス2度から6度の間に分布する。朝と昼ともに気温は平年並みもしくは少し低い水準だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加