舘ひろし 「石原プロ社史」につづった感謝「俳優でいられるのは渡さんのおかげです」

舘ひろし 「石原プロ社史」につづった感謝「俳優でいられるのは渡さんのおかげです」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

16日に芸能プロダクション業務を終了する石原プロモーションの社史「石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史」(青志社、3800円=税別)が14日に発売される。貴重な資料と900点の秘蔵写真を収めた424ページで芸能史の一時代を振り返る決定版。石原まき子夫人(87)、舘ひろし(70)、神田正輝(70)らが58年の歴史に幕を閉じる心境をつづった「謝辞」も収録されている。

No image

舘ひろし

舘は「この年までずっと俳優でいられるのは、ひとえに渡さんのおかげです」と感謝。79年、テレビ朝日ドラマ「西部警察」への出演を機に石原プロ入り。その制作発表の前、会場近くの喫茶店で初めて会った渡さんが、立ち上がって握手を求めた姿に「こういうスター俳優さんがいるんだ。思えばこの瞬間、今の私の人生が決まった気がします」と振り返っている。

現在、独立する準備を進めており「石原さん、渡さんから教えられたことを思い出すと『西部警察』でよく見るラスト・シーンになるんです。何か会話を交わして画面に向かって2人で歩いて来る。ただそれだけで十分説得力がある。私もそうあろうと思っています」と未来を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加