子どもたちの夢や願い事、カラフル傘150本に込めて 兵庫・加古川の複合施設で展示

子どもたちの夢や願い事、カラフル傘150本に込めて 兵庫・加古川の複合施設で展示

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2023/01/25

子どもが夢や願い事を描いた約150本のカラフルな傘が、兵庫県加古川市平岡町一色の複合施設「かこてらす」に飾られている。同市内の小学生の夢を実現する、加古川商工会議所青年部による事業の一環として制作された。展示は2月25日まで。

No image

子どもの夢や願いが描かれたカラフルな傘が展示されている=かこてらす

同青年部は昨年5月、市内の小学5、6年生約1800人に「かなえたい夢」のアンケートを実施。鳩里小学校5年の福田妃栞(ひめか)さん(11)の「傘に願い事を書いて飾る」提案が、最優秀賞に選ばれた。同12月のイベントに訪れた同市内約100人の子どもたちが、カラフルな傘に願い事を書いたり、夢にちなんだ絵を描いたりした。

バスケットボール選手や学校の先生などになりたい子のほか、「パパみたいにものをつくるしごとがしたい」という子も。中には「せかいいちのはかせに」と書いた傘もあった。福田さんはバレリーナになる夢とともに「子どもも若者もお年寄りもみんな活気いっぱいの加古川へ」との思いを記した。

傘は、かこてらすの三ツ池プロムナードで、頭上につるされている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加