“自分を知らない妻”の心を取り戻せ!「ラブ・セカンド・サイト」特別映像

“自分を知らない妻”の心を取り戻せ!「ラブ・セカンド・サイト」特別映像

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/04/18

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」の特別映像がYouTubeで公開された。

No image

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」

すべての画像・動画を見る(全16件)

本作は、人気SF作家ラファエルが“もう1つの世界”に迷い込んでしまうことから始まるファンタジックラブストーリー。その世界での彼はしがない中学校教師であり、妻オリヴィアとの出会いもなかったことになっていた。フランソワ・シヴィルがラファエルを演じ、その妻オリヴィアにジョセフィーヌ・ジャピが扮している。

No image

公開された映像はキング・ハーヴェストの楽曲「Dancing in the moonlight」をバックに、本作の物語を紹介したもの。ラファエルが親友フェリックスの助言を受けながら、“もう1つの世界”で人気ピアニストとなっているオリヴィアの心をつかもうと奔走する様子が収められた。

No image

監督を務めたユーゴ・ジェランは「恋はデジャ・ブ」や「ノッティングヒルの恋人」のようなラブコメディを、フランス風のテイストで作りたかったと明かし、フランス映画ではコメディかロマンスどちらかに比重が偏っていることが多いと分析。そして「僕はどちらも同じくらいのバランスで成立する映画を作りたかったんだ」と語っている。

No image

もとの世界では、オリヴィアのことを考えず自分勝手だったラファエル。劇中では“もう1つの世界”で変化する彼の姿が描かれる。ラファエルのキャラクターは名作ラブコメディの影響を受けていると話すジェランは「『恋はデジャ・ブ』のビル・マーレイのキャラも、最初はいいやつではないよ(笑)。でも本当はユーモアがあって心の広い男なんだ」と言い、「だから、ラファエル役にはすごく魅力的なカリスマ性のある俳優が必要だった」とシヴィルを起用した理由を述べた。

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」は5月7日より、東京・新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、WHITE CINE QUINTO(ホワイト シネクイント)、グランドシネマサンシャインほか全国で順次ロードショー。

(c)2018 / ZAZI FILMS - MARS CINEMA - MARS FILMS - CHAPKA FILMS - FRANCE 3 CINEMA - C8 FILMS

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加