吉岡里帆、『レンアイ漫画家』突飛なストーリーの中で感じた穏やかさ「今の時代に寄り添える」

吉岡里帆、『レンアイ漫画家』突飛なストーリーの中で感じた穏やかさ「今の時代に寄り添える」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/04/07
No image

●大人世代こその“不器用な胸キュン”

吉岡里帆、“クズ芸人”に学んだ生き方とは…「人生において大事なこと」

4月8日にスタートするフジテレビ系ドラマ『レンアイ漫画家』(毎週木曜22:00~)。漫画一筋で孤高の人気漫画家・刈部清一郎(鈴木亮平)が繰り広げるラブコメディで、“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこを演じるのが、女優の吉岡里帆だ。

不器用で恋愛下手な清一郎の恋愛漫画のネタづくりのために、様々な男性と次々と“疑似恋愛”を繰り広げるという一見突飛なストーリーながら、ヒロイン役の吉岡は台本を読んで、設定とは裏腹に穏やかな読後感を持ったという――。

○■突拍子もない状況でもなじめる柔軟性

「まずはシンプルに、とても面白い話だと思いました。とくに、全体の雰囲気は軽いんですけど、鈴木さん演じる漫画家、清一郎さんと、私の演じるダメダメなあいこの距離が、だんだんと近づいていくに従って気持ちが温かくなるというか、“ほっこり”と“キュン”のバランスが心地よく、撮影がすごく楽しみになりました」と語る吉岡。

夢なし、彼なし、金なしのアラサー女子・あいこは、初恋の人の葬儀で、彼の忘れ形見であるレン(岩田琉聖)、そして彼の兄の清一郎と出会う。親戚中がレンを押し付け合うさまを見て、不安に思うあいこ。清一郎がレンを引き取るために出した条件が、冒頭の“漫画ための疑似恋愛ミッション”だったのだ。そんなムチャぶりにうろたえつつも、あいこと清一郎は衝突しつつも惹かれ合っていく。

「あいこはどこかすっとぼけているキャラクターなので、突拍子もない状況でも、そこになじんでいける柔軟性を持っているんです。失敗してもそこで立ち止まらずに、『まあいいっか』みたいな穏やかな精神というか、めげない心を持っています」

○■「忙しいヒロインです(笑)」

様々な男性との疑似恋愛シーンは本作の大きな特徴だ。しかも、出会いから別れまで猛スピードで繰り広げられるので、演じるのは大変だったという。

「特に最初は疑似恋愛のパートの撮影が続いていたので、こっちが本編のように感じる瞬間もありました(笑)。演技と演技の二重構造みたいになっているので、撮影が始まったばかりの頃は、『あれ、今のこれはどういうことだっけ?』と、頭の整理が必要で、相手が変わるたびに別の作品だと思って気持ちを切り替えて取り組みました。普通の人は1年間で経験するような恋愛を1日で撮ったりして。そんなラブコメを経験したことない、スピードがおかしいよねみたいな話をしながら撮影をしていましたね。忙しいヒロインです(笑)」

ラブコメならではの“胸キュン”シーンも期待されるが、共演の鈴木から“キュン”についてのアドバイスをもらったそう。

「『相手に自分の思いを気づかれていない間にも、相手のことをすごく思っていることが(視聴者に)伝わると、キュンという現象が生まれるんじゃないか』というお話をしてくださって。『僕もたくさんラブコメをやってきているわけじゃないんだけど、やっぱり見えないところで相手を思うシーンはすごくいいよね』と。それを聞いて、『たしかに!』と思いました。そんな姿を見て、視聴者の方にも『うぉ~、がんばれ~』みたいに、応援してもらえるような2人になれたらいいなと思います」

ポスタービジュアルにある“壁ドン”のような、分かりやすい“胸キュン”だけではなく、主人公とヒロインが大人世代だからこその“不器用な胸キュン”こそが、本作の見どころだ。

「ポップでキュートな仕上がりのラブコメですし、頭ポンポンや、道端で守ってくれて、そのときにボディタッチ……みたいな、俗にいう王道の胸キュンしぐさも出てくるんですけど、回を追うごとにキュンってそこだけじゃないということがだんだんと分かってくるんです。それが個人的にはドラマの見どころだと思っています」

●子供とのシーンに「ジーンとします」

清一郎のおいっ子である刈部レン役を務めるのは、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で松平竹千代役を演じた岩田琉聖。レンはあいこと清一郎をつなぐ存在であり、彼と同居することで清一郎にも変化が起きていく。

「岩田さんは、本当に賢くて仕事熱心なんですけど、たまに子供に戻る瞬間があって。ちょっとしたイタズラをしてきたり(笑)。そういう部分が垣間見えると、なんとなく安心するし、すごく愛おしい気持ちになりますね」

撮影の間も、まるで家族のような楽しいひとときがあった。

「3人で水族館に行くシーンがあるんですけど、現場でもかわいい魚や生き物がいると、『見て見て!』と報告しに来てくれるんです。何だか疑似家族というか、『子供と生活していると、こんな瞬間が日常的にあるんだな』と、ジーンとしますね。子供って日々の生活の小さないいことも大きないいことに変えてくれるんだなと。このほっこりした雰囲気がドラマにも出ていると思います」

コロナ禍でまだまだ先の見通しが立たず、明るいニュースも少ない現代に寄り添うようなドラマとなっているという吉岡。「今の時代に寄り添えるようなドラマというか、疲れているときにも気軽に楽しめて、ちょっと心が柔くなったり、ほぐれたりするようなメッセージが詰まっている作品です」とアピールした。

●吉岡里帆1993年生まれ、京都府出身。連続テレビ小説『あさが来た』(15年)に出演し、注目を集める。主な近作にドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(18年)、ドラマ『時効警察はじめました』(19年)、声の出演をした映画『空の青さを知る人よ』(同)など。19年公開の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』『見えない目撃者』で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。今年は、4月2日に映画『ゾッキ』が公開、4月8日から『レンアイ漫画家』、4月18日から『連続ドラマW 華麗なる一族』がスタート

藤谷千明

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加