高橋凛インタビュー! 久々のVRグラビアで甘すぎる超接近戦&ヤバいほどの初出しアングル

高橋凛インタビュー! 久々のVRグラビアで甘すぎる超接近戦&ヤバいほどの初出しアングル

  • メンズサイゾー
  • 更新日:2020/09/16
No image

グラビア界屈指の極上Hカップボディとちょっぴり天然なキャラクターで人気の高橋凛。デビュー以降、人気を高める彼女が、「新世界」に挑戦した。久々のVRグラビア作品で、可愛らしくも艶やかな臨場感たっぷりに見せているのだ。

高橋凛の最新VRグラビアは『高橋凛は同棲中の彼氏に毎日ビキニ姿を見せたりするらしい、そういう世界』と『高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。』(制作:FANTASTICA)の2タイトル。現在、VR動画配信サービス『PICMO VR』にて絶賛見放題配信中だ。

■VR動画配信サービス『PICMO VR』
『高橋凛は同棲中の彼氏に毎日ビキニ姿を見せたりするらしい、そういう世界』
『高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。』

そこでかねてより高橋凛に注目していた当サイトの取材班が本人を直撃。VRグラビアについてさまざまな角度から迫ってきたので、作品と共に楽しんでほしい。

――最近はグラビア界でもVR作品が増えていますが、久々の撮影だったとか?

高橋:VR撮影は数年前に1回あって、今回で2回目だったんです。

――数年前というと?

高橋:4、5年前だったかな。

――その頃はまだVRというコンテンツ自体が模索している時期ですよね。撮影機材もまだ十分じゃなかったように思います。そのときと今回では、かなり勝手が違ったのでは?

高橋:すごく本格的になっていました。今回の作品は私も観たんですけど、映像はもちろんリアルで、音もすごく鮮明に聴こえて、かなり進化したと思いました。

――音声はバイノーラル録音で臨場感がハンパないですよね。では、DVDや雑誌などのグラビア撮影とVRの違いというと?

高橋:DVDは客観的に観るようになっていますけど、VRは本当に私が目の前にいる感じで、すごく接近しています。あと、ユーザーさんが観たい角度を調整できるので、いろんな楽しみ方ができますよね。

――VRカメラは無人で撮影することが多いようですが、それは平気でした?

高橋: VRカメラと一対一になるので、不安もありましたが、かえって素の自分が出せたと思います。

――事前に打ち合わせはしたと思いますが、スタッフもいないところで約30分にわたってひとりで演じきるのは大変だと思います。

高橋:セリフが決まっていたら考えることも多くて緊張したと思うんですけど、今回は「恋人同士」とか「ご主人様と家政婦さん」という設定以外はほとんど何も決まっていなくて、自然体で演じることができました。「この場所でアメを舐める」とか「ここで体を洗う」といった流れは決まっていたので、それに沿いながらストーリーを進めた感じです。スタッフさんには「他はリアルな凛ちゃんで好きにやってください」って言われたので、すごくやりやすかったです。

――演じることは得意ですか?

高橋:得意な方だと思います。リアルに彼氏がいる感じで話しかけたり動いたりしたので、自分で観ると恥ずかしいくらいなんですけど、すごく積極的な私が観られると思います。

――それは、『高橋凛は同棲中の彼氏に毎日ビキニ姿を見せたりするらしい、そういう世界』の話ですね。では、こちらの作品の内容を簡単に説明してください。

高橋:基本的には題名どおりなんですけど、まずはレースクイーンの格好で登場して、次はおまわりさんのコスプレで登場します。それから彼氏とイチャイチャして、最後はネグリジェと下着になります。動き的には彼氏をマッサージしたりアメを舐めたりキスをしたり…っていう感じですかね。アメを舐めるシーンは音もリアルだから、甘さも伝えられたらなと思います♪

――キスの音もリアルですか?

高橋:「チュ♪」っていうリアルな感じですね。

――その臨場感がまさにVRのいいところですよね。

高橋:そうなんです。いまは自宅で過ごす時間が多いと思うんですけど、ちょっと人肌恋しいときとかに観てもらえたら嬉しいです。

――水着はどういうものを着ていますか?

高橋:水着も形や色が被らないようにスタッフさんと相談して決めたので、いろいろなタイプがあります。それから、ポリスやレースクイーンといったコスプレ的な衣装はこれまでほとんどやったことがなかったので、私のこれまでの作品を観ていただいているファンの方も楽しめると思います。

――難しかったシーンはありますか?

高橋:衣装さんやメイクさんが別室にいるので、衣装が引っかかってなかなか脱げないというハプニングがありました(笑)。そこはリアルに焦って照れているので、「いつもの凛ちゃんだ」と思って観てもらえたら嬉しいです。

――そういうハプニングがあっても撮影が止められないですからね。

高橋:「あっ、止めてください」って言えないので、やりきるしかないんです。DVDの撮影だと「そこはカットしましょう」ってできるんですけど、やり直しができないからこそ撮れたシーンもあると思います。

――そこは見どころですね。他におすすめシーンはありますか?

高橋:あとは白いチューブトップ衣装のときに、私の胸を上から観ることができるので、ぜひ覗き込んでほしいですね(笑)。撮影会とかだと、そこまで接近して撮影することができないので、なかなか見られないシーンだと思います。

――VRはいろんな角度が楽しめますからね。

高橋:顔が観たかったら顔、胸が観たかったら胸といろいろ楽しんでほしい。今回、配信している『PICMO VR』さんは見放題なので、何回も観ていただきたいです。

――それはお得ですよね。毎日、いろんなパーツを楽しめます。

――続いて、『高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。』ですが、家政婦さんっていうコンセプトが面白いですね。

高橋:私も家政婦役は初めてだったかな。それに設定も面白いんです。エアコンを直そうとしたご主人様が失敗して骨折しちゃうんです。ご主人様が動けなくなっちゃったので、私がご飯を食べさせてあげたりお風呂に入れてあげたりマッサージをしてあげたりっていう感じでお世話をしてあげるんです。

そのお世話の中で「グラビアのDVDを探して」って言われるんですけど、どこを探してもDVDがないから、「じゃあ、私が目の前でやってあげる」ってグラビアポーズをいっぱい披露しちゃいます。

――タイトルからして上から目線の作品ですよね(笑)。

高橋:ちょっとSッ気がある人にはぴったり(笑)。

――衣装はどんなものを着ていますか?

高橋:家政婦さんなので、お決まりのセクシーメイドです。メイド服って着たことはあるんですけど、今回着たような黒白のオーソドックスなタイプはなかったので、定番ですけど新鮮でした。あと、お風呂のシーンで黒いチューブトップの水着を着ているんですけど、これは実は自前の水着なんです。

チューブトップなので、見方によっては裸に見えちゃうシーンもあります。ちょっとびっくりしちゃうほど裸に見えるので、そのシーンはぜひ見つけてもらいたいです。音も鮮明なので、みなさんにもお風呂で観ていただきたいんですけど…、ゴーグルが壊れちゃったら大変なのでお部屋で我慢してください(笑)。

――ヤバいアングルがあるというわけですね。それは楽しみです。ガーター姿もセクシーでしたが。

高橋:ネグリジェの下にガーターベルトをしました。この衣装でグラビアポーズをたくさんしています。

――胸がこぼれ落ちそうですが。

高橋:そうなんです。見えるか見えないかのヒヤヒヤ感があります。接近戦がヤバいです(笑)。

――その超接近戦も自分から仕掛けているわけですよね(笑)。

高橋:そうなんです。自分から仕掛けています。近すぎて「わ~!」ってなるかもしれないですけどドキドキしてください。

――ファンは大喜びですよ。

高橋:せひ、喜んでいただけたら嬉しいです。

――かなり楽しみな2本です。今後、VRでやってみたい役やシチュエーションはありますか?

高橋:夢の中で繰り広げられるような、あり得ないストーリーをやってみたいです。私が魔法使いになって、飼っていた猫が人間になるとか。あとはファンの方にどういう作品がいいか聞いてみたいです。今後もいろいろ挑戦したいので。

――VR作品は出演者一人で演じるからファンの意見がダイレクトに反映しやすいですよね。

高橋:VRは自分で好きにできちゃうので、みんなと“新しいワールド”を好きに作っていきたいです。

――では、大切なファンにメッセージをお願いします。

高橋:『PICMO VR』さんは見放題で、何回でも私のことが観られるので何十回でも観ていただきたいです。これからもグラビア活動を楽しんで頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

(写真・インタビュー=神楽坂文人・公式Twitterはコチラ)

■VR動画配信サービス『PICMO VR』
『高橋凛は同棲中の彼氏に毎日ビキニ姿を見せたりするらしい、そういう世界』
『高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。』

※次ページでは上記作のスペシャルキャプチャーを大公開!

『高橋凛は同棲中の彼氏に毎日ビキニ姿を見せたりするらしい、そういう世界』

『高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加