滋賀・新名神でトラック3台事故、運転手1人が死亡 雪の影響で渋滞のさなか

滋賀・新名神でトラック3台事故、運転手1人が死亡 雪の影響で渋滞のさなか

  • 京都新聞
  • 更新日:2023/01/25
No image

滋賀県警本部

25日午後2時40分ごろ、滋賀県甲賀市甲南町塩野の新名神高速道路下り線で、大型トラック2台と中型トラック1台が絡む多重事故が起きた。甲賀広域行政組合消防本部や滋賀県警高速隊によると、中型トラックの30代とみられる男性運転手が車内から救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。県警が身元を調べている。大型トラックの運転手(52)も軽傷を負った。

県警や同本部の説明では、現場は大雪の影響で渋滞していたとみられ、現場に近い甲賀土山インターチェンジ(IC、甲賀市)―菰野IC(三重県)間で10キロ以上にわたり立ち往生が生じるなど、新名神高速の各所で渋滞が発生していた。3車線道路の中央車線を走行していた中型トラックが前方の大型トラックと衝突、その弾みで別の大型トラックに追突した、という。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加