混ぜるだけで1品完成! ワタナベマキさんの手作り醤(ジャン)レシピ

混ぜるだけで1品完成! ワタナベマキさんの手作り醤(ジャン)レシピ

  • MAQUIA ONLINE
  • 更新日:2020/10/20

おかずにのせて、野菜やパスタと和えて……醤(ジャン)があれば、時間がないときや作るのが面倒な日にも大活躍。「MAQUIA」11月号から、身近でヘルシーな食材で作れる醤と、そのアレンジ術をご紹介!

No image

旨味とパワーをギュッと凝縮。 体を整えるおかずが簡単に! 手作りの醤(ジャン)で広がる元気ごはんレシピ

教わったのは…

No image

料理家

ワタナベマキさん

和食から洋食、中華まで、手際よく、心身ともに満足できる絶品レシピを提案。『かけるだけ、あえるだけ 醤の本』(家の光協会)など著書多数。

No image

醤さえあれば、ささっと1品。
体にいいおかずがすぐできる
豆腐や刺身、焼いた野菜にそのままのせてもいいし、炒め物の味付けに使ったり、麺に混ぜても美味しい。醤は、他にプラスして調味料を加える必要がなく、コレひとつで味が決まるスグレモノ。さらに食材との組み合わせで味に広がりが生まれるので、飽きずに楽しめる。

自家製なら、具だくさん。
オイル控えめでフレッシュに
市販の醤は、保存性を高めるために油を多量に使い、よく煮詰めたものが一般的。自分で作るなら、できる限りオイルを控え、具だくさんのレシピがいい。今回は、煮る時間はたった10分。香りと彩りが華やかで食感もいい、フレッシュな口当たりに!

材料を切って煮て混ぜるだけ。
誰でも簡単に作れる
醤を作るとなると、多くの食材や調味料、スパイスが必要そうなイメージ。でも今回は、最小限の食材で作れて、それぞれの食材の旨味を120%引き出す絶品醤レシピをご紹介。1週間で使い切れる量を、フードプロセッサーなしで作れるのも魅力です。

冷蔵庫で1週間保存可能。
味にまるみが出て日々美味しくなる
煮沸消毒済みの瓶やタッパーに入れて冷蔵庫で保存すれば日持ちは約1週間(よそうときは、清潔なスプーンを使うこと)。日が経つにつれて、味にまるみが出て、ますます美味しく。今回はオリーブ油やごま油を使用したが、酸化しにくい米油やサラダ油でも美味しく作れる。

香り爽やか、新陳代謝を高める
ジンジャーパクチー醤

No image

新陳代謝アップのしょうがと、カルシウムや鉄分が豊富なうえにデトックス効果も期待できるパクチー。ダブル使いで美力も香りも◎。

No image

材料(4回分)
しょうが…70g
パクチー…80g
レモン…1個

A
ナンプラー…大さじ3
酒…大さじ5
オリーブ油…大さじ5

No image

1 しょうがは皮ごとすりおろし、パクチーは根ごと粗みじん切りにする。レモンは皮をむき、種を取って粗みじん切りにする。

No image

2 小鍋にしょうがとレモンを入れ、Aを加えて中火にかける。煮立ったらアクを取り、弱火で10分煮る。

No image

3 火を止め、パクチーを入れて混ぜる。冷めたらふた付きの瓶に入れ、冷蔵庫で保存する。

トマトとアボカドのサラダ

No image

材料2人分
ジンジャーパクチー醤…大さじ3
トマト…大1個
アボカド…1個

作り方
❶ヘタを取ったトマト、皮をむいて種を取り除いたアボカドはそれぞれ3cm角に切る。
❷①に醤を加えて和える。

冬瓜とアサリのスープ

No image

材料2人分
ジンジャーパクチー醤…大さじ2〜3
冬瓜…150g
玉ねぎ…1/2個
アサリ(砂抜き済み)…200g
酒…大さじ2
水…450ml

作り方
❶冬瓜は薄く皮をむいて8mm厚に切る。玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。
❷鍋に①と酒、水を入れて中火にかける。煮立ったらアサリを入れてひと煮立ちさせ、アクを取る。アサリの口が開くまで約2分煮る。
❸器に盛り、醤をかける。

鶏ささみとかぶのマリネ

No image

材料2人分
ジンジャーパクチー醤…大さじ4
鶏ささみ肉(筋なし)…3本
かぶ…2個
酒…大さじ1
塩…小さじ1/4

作り方
❶沸騰した湯に酒とささみを入れ、中火で1分30秒茹でる。火を止めてそのまま冷まし、余熱で火を通す。
❷かぶは白い部分の皮をむいて薄切りにし、塩を加えて軽くもみ、約10分置く。出てきた水分を手で搾る。
❸①を食べやすく割き、②と醤とともに和える。

厚切り豚のソテー

No image

材料2人分
ジンジャーパクチー醤…大さじ4
豚ロース厚切り肉(とんかつ用)…2枚
塩…少々
粗挽き黒こしょう…少々
オリーブ油…小さじ2

作り方
❶豚肉は室温に約20分置き、常温に戻す。
❷フライパンにオリーブ油を入れて中火にかける。①を入れて焼き目がついたら裏返し、弱火にして約8分焼き、塩、黒こしょうを振る。
❸器に盛りつけ、醤をかける。

MAQUIA 11月号
料理製作/ワタナベマキ 撮影/キッチンミノル スタイリスト/岩﨑牧子 取材・文/広沢幸乃 構成/清田恵美子(MAQUIA)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加