「セクハラ騒動」でアニメコラボ中止 密着接客のラーメン店主が謝罪「弁解の余地もありません」

「セクハラ騒動」でアニメコラボ中止 密着接客のラーメン店主が謝罪「弁解の余地もありません」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/11/25

アニメ映画「蒼穹のファフナー THE BEYOND」とコラボしていたラーメン店「喰海」(広島県尾道市)をめぐるセクハラ騒動で、同店の店主が2021年11月25日に謝罪文を発表した。

No image

コラボ開始後、店主から体を触られたなどの告発が客から出ていた。こうした事態を受け、映画の制作委員会は23日にコラボ中止を発表。「いかなる状況であっても、そういった振る舞いは許されるものではない」と謝罪した。

「今後は、改めて初心に戻り丁寧な接客をさせていただきます」

「蒼穹のファフナー」シリーズの舞台・竜宮島が広島県尾道市をモデルとした島であることから、同市で人気のラーメン店「喰海」とのコラボを実施。尾道にある本店と池袋店で、アニメ仕様の特別メニューを提供していた。

店には多くのファンが訪れたようだが、コラボメニューの提供が始まった11月上旬以後、SNS上に「ボディタッチを含むセクハラを受けた」「性的な発言をされた」といった報告が投稿された。

こうした動きを受けて、「蒼穹のファフナー THE BEYOND」の製作委員会は23日に公式サイトで、

「『喰海』店主により、お客様の心を傷つけるような言動があったというものでございます。製作委員会としましては、いかなる状況であっても、そういった振舞いは許されるものでは無いと判断し、『喰海』とのコラボレーションを中止する決定を致しました」

と発表。そのうえで、「日頃より作品を応援してくださってるファンの皆様に、多大なご心配をおかけすることとなり、大変申し訳ございません」と謝罪している。

その後、25日になって「喰海」店主のツイッターに、以下のコメントとともに、店主名義での謝罪文が掲載された。

「この度は、自分の行動で皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけする事となり大変申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。今回の件につきまして改めて謝罪をさせていただきます。今後は、改めて初心に戻り丁寧な接客をさせていただきます」

今後は「過度なコミュニケーションを控える」

謝罪文では、次のように店主のセクハラがあったことを認めている。

「今回は、喰海店主である○○○○(編集部伏字)の行動と言動により、ご本人様に精神的な苦痛をあたえた事、ファンの皆様に強い不安を与えてしまった事、誠に申し訳ございません。今回の件に関しては、弁解の余地もありません」

今後の対応についても、「メニューの提供は中止になりましたが、通常の営業におきましても、すべてのお客様に対して不快に感じる様な接客をしないように心がけ実行します」として、以下の3点を守って営業を続けたいとした。

1. 接客に関して、過度なコミュニケーションを控える。
2.自分がいいと思った行動ではなく、お客様に寄り添う気持ちを常に持つ。
3. SNS 等でのファフナー関連の発信は今後控える

店主自身も作品のファンだとして、中止となった後も他店舗等とのコラボレーション等の作品展開を楽しんでほしいと訴えた。

「私自身、蒼穹のファフナーという作品を心より応援しておりますので、今回の決定は、当然と理解をしております。今後、今回のご本人様をはじめ、ファンの皆様が蒼穹のファフナー作品とのコラボレーションをお楽しみいただけるように、心より願っております」

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加