最年少参加の「Seventeen」加藤栞、モデルの母・姉から影響 オーディションに何度も挑戦した過去<「オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない」インタビュー連載Vol.2>

最年少参加の「Seventeen」加藤栞、モデルの母・姉から影響 オーディションに何度も挑戦した過去<「オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない」インタビュー連載Vol.2>

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/08/06

【モデルプレス=2022/08/06】モデルプレスは、8月14日よる10時よりABEMAにて放送開始となるオリジナル恋愛番組「オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない」メンバーの素顔に迫る個別インタビューを10日連続で公開する。2人目はモデルの加藤栞(かとう・しおり/16)。※毎日正午配信

No image

(写真 : <「オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない」インタビュー連載Vol.2>加藤栞(C)モデルプレス)

【写真】生見愛瑠「オオカミくんには騙されない」で知った恋…高橋文哉とのその後は?涙と決断の理由

◆「Seventeen」専属モデルの加藤栞

加藤は、「ミスセブンティーン2019」でファイナリストに残り、2021年「Seventeen」3月号より専属モデルに加入。CM出演や広告のイメージモデルを務めるほか、2021年にはドラマに初出演するなどマルチな活躍を見せている。

スラリとした長身と華やかな雰囲気が魅力で、実は母、姉もモデルをしていたというモデル一家。

今回、メンバーの中では最年少だが、明るい雰囲気と愛らしい妹キャラクターで、メンバーを盛り上げてくれそうだ。

◆加藤栞、最年少参戦「悩みもあった」

― 出演が決まったときの心境は?

加藤:元々観ていた有名な番組だったので「え~!」という驚きと、16歳で最年少だったのでついていけるのかなという不安もありました。

― 実際に出演してみてどうですか?

加藤:めちゃめちゃ楽しいです。女子メンバーがとにかくうるさいぐらい明るいんですよ。それが結構頼りになっていて毎日わっきゃわっきゃ青春しているなという感じです。

― 最年少ということで年齢差を感じることはないですか?

加藤:最初は結構感じていて恋愛対象に見えないという悩みもあったんですけど、今は打ち解けて楽しくやっています。

― 恋愛はできそうですか?

加藤:そうですね~(笑)。頑張ります!

◆加藤栞、積極性は勉強中 アピールポイントは妹キャラ

― 時間をかけて好きになるタイプ?直感や一目惚れ?

加藤:押しに弱いタイプなので、結構グイグイ来られるとすぐ時間とか関係なしに好きになります。最速3日とかで(笑)。

― 最速3日(笑)。そういうことが実際にあったんですね。

加藤:あはは(笑)。

― 自分からはあまり積極的に行かない?

加藤:あんまり行くことがないんですけど、今回はちゃんと行かなきゃいけないと思って、悩みながらやっています。実は今回他の女子が積極的で男子が受け身になっているので、自分も頑張ってくグイグイ行かなきゃと思って勉強しています。うふふ(笑)。

― 恋の必勝法があったら教えて下さい。

加藤:必勝法!?なんだろうな~。でも笑顔が大事なのかな。ニコニコして話しかけやすいオーラを出していたら良いと思います。

― 確かに、ずっとニコニコされていますよね。では、ほかの女性メンバーに負けないアピールポイントを教えて下さい。

加藤:押しはちょっと勉強中なので、最年少だし妹キャラというかそういう部分が出せたらなと思います。

― 普段から妹キャラですか?

加藤:妹キャラです、姉がいるので、基本甘えたいタイプです。

― これまでの人生で一番の“本気の恋”はどんな恋でしたか?

加藤:あんまりないかも。恋愛経験が浅いので、ちゃんとした恋はしてきてないです。

◆加藤栞、新ルールへの疑問「“オオカミ”同士がくっついたら…」

― 今回は“オオカミ”が男女ともに存在しますが、もし自分が”オオカミちゃん”だったら、騙す自信はありますか?

加藤:あります(笑)。皆結構あるんじゃないかな。毎日会っていると”オオカミ”とか関係ないしに皆と絡んでいるので、騙すという感覚がなくなっていて純粋に恋をしているんじゃないかなと思います。

― 逆に騙されない自信はありますか?

加藤:ないです(笑)。「ある」と言った方が良いのかな?一度疑い出すと本当に皆が”オオカミ”に見えてきちゃうので、とりあえず今は楽しもうと思います。

― 男女ともに“オオカミ”がいるということで意識していることはありますか?

加藤:「“オオカミ”同士がくっついたらどうなるんだろう?」と皆で言っているんですけど、ハラハラですよね。女子同士で話していても実は”オオカミちゃん“かもしれないし、常にドキドキしています。

― 普段周りの人からはどんな人と言われることが多いですか?

加藤:「明るいね」とか「楽しそう」とかはよく言われます。悩むこともあるんですけど、人と会話をすることが好きなので、周りからはやっぱり明るく見られることが多いですね。

◆加藤栞、母・姉のモデル業から刺激を受け芸能界へ

― 改めて芸能界に入ったきっかけとこれまでの活動について教えて下さい。以前のインタビューで、「ミスセブンティーン2019」の帰りに竹下通りを歩いてみたら10社以上からスカウトをされたというエピソードをお伺いしましたが、まずオーディションを受けようと思ったきっかけは?

加藤:母も姉も元々モデルで姿を見ていたので興味があって、「やってみようかな」という好奇心で受けました。それで初めて東京に遊びに来たときに今のマネージャーさんとも出会って事務所に入りました。

― そうなんですね!家族の皆さんもスタイルが良いんですか?

加藤:2人とも今はモデル業をしていないんですけど、母親は身長170cm以上ありますね。

◆加藤栞が語る、困難を乗り越えた方法 「Seventeen」オーディションは何度も挑戦

― 今まで困難を感じたことや、悲しみや怒りを乗り越えた経験はありますか?

加藤:「Seventeen」のオーディションは実は何度か受けているんです。毎回落ちる度に悔し涙を流していて、受かったときはようやくという感じでした。中学2年生くらいの初めて受けたときに最終候補まで行ったんですけど残念な結果で悔しくて受け続けました。

― 「Seventeen」への憧れが強かったですか?

加藤:やっぱり私の中ではティーン誌=「Seventeen」というイメージだったのでずっと一途に受けていました。

― 落ちてしまったときから改善して努力した部分はありますか?

加藤:していましたね。テニスを元々していて結構筋肉質だったので、「太ももの内側の筋肉を落として外側につけよう」とか、ヘアメイクも勉強したりして、結果がなかなか出なかった2年間は辛かったです。

― 努力家なんですね。筋肉の付け方などはジムなどで教わるんでしょうか?

加藤:ジムでも教えてもらえますし、YouTubeでも結構勉強しました。

― 辛い時期が長いと心が折れそうになることもあると思うんですが、どうやって乗り越えましたか?

加藤:母が昔「ViVi」モデルだったので昔の雑誌を見てモチベーションをあげていました。あとはそれこそ「Seventeen」も読んで「こうなりたい!」と思って頑張っていました。

― お母さんはどんな風に応援してくれていましたか?

加藤:姉にもずっと言っていたんですけど、「無理だけはしないでね」と応援してくれています。

◆加藤栞が語る、夢を叶える秘訣

― 今の目標はモデル業を極めることですか?

加藤:モデル業はもちろんなんですけど、将来的に女優さんもやりたいなと思っています。

― 女優は何がきっかけで目指すようになりましたか?

加藤:「Seventeen」には広瀬すずさんや、歴代の先輩方で女優として活躍されている方が沢山いるので憧れるようになりました。

― 最近でも横田真悠さん(2020年に「Seventeen」を卒業し現在「non-no」専属モデル)など女優業と両立されている方が沢山いますが、刺激を受けますか?

加藤:真悠さんは本当に憧れます。「世界の果てまでイッテQ!」とかバラエティー番組にも出ていらっしゃって私も色々な分野で活躍したいので目標としている存在です。

― では最後に夢を追うモデルプレス読者へ向けて夢を叶える秘訣を教えて下さい。

加藤:諦めないことです。私は「Seventeen」を2年間ずっと追い続けていたので諦めないで努力することが必要だと思います。

― ありがとうございました。

◆「オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない」メンバーインタビュー

ABEMA開局当初より10代20代女性を中心に話題を集め、年間視聴ランキングでは数々の番組のなかで2年連続首位を獲得するなど、不動の人気を誇る「オオカミ」シリーズ。最高の恋を手にするために集まった男女が、デートや共同作業を通して、 “真実の恋”を叶えようと奮闘。ただしメンバーの中には、恋をしようとしない「“嘘つき”オオカミちゃん」が女性側に1人以上、そして「“嘘つき”オオカミくん」が男性側に1人以上潜んでいるというルール。

男女どちらにも“オオカミ”がいるシーズンは「オオカミ」シリーズ放送開始以来、史上初となる。女性ならではの甘い誘惑や、男性ならではの積極的な行動に惑わされることなく、10人のメンバーたちは最高の恋と真実の相手を見つけることができるのか?これまで以上に最後まで予測不可能な、一筋縄ではいかない恋の駆け引きが見どころとなる。

スタジオMCはお笑い芸人の横澤夏子、モデル・女優の飯豊まりえ、モデル・女優の滝沢カレン、俳優の神尾楓珠が続投する。

女性メンバーは加藤のほか、モデルの新野尾七奈(しんのお・なな/20)、バレリーナの高鶴桃羽(たかつる・ももは/19)、女優でモデルの新音(にのん/17)、女優でインフルエンサーの三原羽衣(みはら・うい/19)。

男性メンバーはモデルの能勢倫(のせ・りん/19)、モデルでDJの鈴々木響(すずき・ひびき/19)、モデルの中村榛(なかむら・はる/17)、K-1ファイターの大久保琉唯(おおくぼ・るい/17)、モデルで俳優の高橋璃央(たかはし・りお/21)。

<インタビュー配信スケジュール>

5日:大久保琉唯

6日:加藤栞

7日:新野尾七奈

8日:鈴々木響

9日:高鶴桃羽

10日:高橋璃央

11日:中村榛

12日:新音

13日:能勢倫

14日:三原羽衣

(modelpress編集部)

◆加藤栞(かとう・しおり/16)プロフィール

生年月日:2005年8月10日

出身地:兵庫県

身長:167cm

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加