黒染めでよみがえった! 白T、第2の人生 #深夜のこっそり話 #1418

黒染めでよみがえった! 白T、第2の人生 #深夜のこっそり話 #1418

  • SPUR
  • 更新日:2021/06/10

ファッション、ライフスタイルともにサステイナブルが必須!な世の中になってきていますが、先日伊勢丹新宿店のリ・スタイルの取材に伺った際に聞いて、これは使える!と思ったのが洋服の「黒染めサービス」。

着古したお気に入りの服を、黒く染めて服を生まれ変わらせる、というアップサイクルで「KUROZOME REWEAR」と題し、春から展開スタートしているそう。協業するのは、日本の伝統的な正装である黒紋付だけを100年間染め続けた京都の老舗黒染め屋「京都紋付」。
長年培った黒染技術により色むらや色落ちがないばかりか、独自の深黒加工により、洗濯してもまったく色落ちすることがないのだとか!

No image

写真だと見えにくいかも?しれないですが、黒ずみが気になっていりクローゼットで眠っていたTシャツ。黒染めサービスは天然素材100%が推奨されていて、とくに綿、麻が染めやすくおすすめだとか。まずはTシャツでチャレンジ!

早速家に帰り、クローゼットで見つけたのが、襟元の黄ばみや全体的な黒ずみが気になり、しばらくタンスの肥やしとなっていたお気に入りのデザインTシャツ。どんな風に上がってくるのだろう?とちょっと不安と期待がまざりつつ、このままにしていても、という思いが背中を押し、えいやっとだしてみたのですが、約1か月後に上がってきました。

No image

Tシャツの場合、黒染めは¥2,750~(税込み)、約1か月ほどで仕上がります。まったく想像していなかったのですが、白ステッチが効いて新鮮! マイ定番のデニムにも愛称よし。

まず感じたのは、モード感を感じる深い黒、そして風合いがなんともよい。そして驚きなのが意外なことにステッチが白く残り、新しい印象に生まれ変わったこと。ここが白くなるんだ!というサプライズ感もまた楽しい。

私の場合、気に入ると毎日のようにガンガン着て、泣く泣くお別れすることが多かったので(それでも粘って2~3年ほど、限界まで着てからですが)、こんなアップサイクルがあるのね、と目からうろこが。白だけでなくちょっとしたシミや汚れが気になる色物や、ウェディングドレスを日常に着るという選択肢も!

黒染めサービスは、三越伊勢丹の専用ホームページから申し込みできるので、気に入った服を末永く愛するという新たな手法は、服ラバーにこそぜひ挑戦してほしいです!

>>愛するからこそ循環させる 「よみがえれ! 古着再生大作戦」

>>やさしいサステイナブル | SDGs | SPUR

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加