【コロナに負けない】フランスのリヨンで、ボージョレ・ヌーヴォー解禁を祝う

【コロナに負けない】フランスのリヨンで、ボージョレ・ヌーヴォー解禁を祝う

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2020/11/20

【フランス リヨン便り n°44】

皆様、こんにちは。リヨン在住のマダムユキです。

2020年11月19日木曜日の午前0時、ボージョレ・ヌーヴォーが解禁しました(日本はフランスより8時間も早く解禁しましたね)。
ボージョレワインの醸造家たちいわく、2020年のボージョレワインをひと言で表現すれば「究極のミレジム」とのこと。

No image

新型コロナウイルスのパンデミックのなか、今年のぶどうの成長は異例づくし。
2020年のボージョレ地方のぶどうの育生を振り返ってみましょう。

冬になるとぶどうは休眠期に入ります。そして、気温が10度を超えるとぶどうが休眠から覚醒し、新芽が出始めます。2019年末から年初にかけて暖冬だったため、ぶどうの休眠期間がとても短く、今年の3月末頃に萌芽が始まりました。早生種は霜害を受けやすいので心配されていましたが、春は晴天が続き、とても穏やかで暖かく、乾燥した日が多かったです。幸いにも霜害を受けることなく、ぶどうはすくすくと成長しました。
思い起こせば、フランス最初のロックダウンは3月中旬から5月上旬にかけて実施されました。天気がとてもいいのに外出が規制され、窓から鳥たちがのびのびと羽ばたいている青空を眺めては、「これからいったいどうなるんだろう」と不安な気持ちでいましたね~。

ぶどうの開花は萌芽から70日前後に迎えます。今年は異例の早さで、5月20日頃から開花が始まりました。
6月に入ってから急に冷え込みはじめ、雨の日が続きます。そうそう、ロックダウンが解除されたら雨降りの日が多くなったんですよね。「皮肉だなあ~」とぶつぶつ言いながら、傘をさして外出したものです。

No image

7月は晴天に恵まれ、1964年以降3番目に乾燥した7月になりました。
ぶどうが「色づく」ことをフランス語で「ヴェレゾン(Véraison)」といいますが、ヴェレゾンも例年より早く訪れ、7月18日頃から始まりました。ただ、「恵の雨」には恵まれず、乾燥が続いたのでぶどうの伸び悩みが懸念されました。というのも、水分が不足するとぶどうは命を維持するために成長を停止させ、休眠状態に陥るからです。

8月は猛暑日が続きます。強い日差しでぶどう果実が焼けて褐変する「日焼け」という現象が発生しました。
8月といえばバカンスシーズンを迎え、フランス政府が落ち込んだ経済の立て直しのために、「フランス国内を旅しよう」と国民に訴えていました。私も8月に休暇をとってフランス国内を旅しました。ワイナリーも訪問しました。ぶどうは順調に実を熟し始めていました。

ボージョレ地方では、8月20日から収穫が始まりました。例年より1ヵ月近くも早い収穫です。ぶどう生産者に「今年は収穫が早かったですね」とうかがってみると、「今年は雨量が少なかったから、畑の場所によってぶどうの成熟にバラツキがあってね、収穫のタイミングが難しかったなあ。しかも8月28日頃から気温が下がって雨も降ったから、収穫を終えるのに1ヵ月ぐらいかかったよ」とのことでした。ワイナリーによっては、収穫の開始は早かったけど終了は例年並みというところもあったようです。

収穫期は季節労働者(アルバイト)を雇って大人数で集中的に行われます。今年はウイルス感染予防対策を講じなければならず、「マスク着用」はもちろんのこと、「収穫者同士の作業間隔を開ける」、「食事時間を分散させる」など、ワイナリーさんはかなり苦労されました。みんなで和気あいあいと食事をするのが収穫期の楽しみのひとつなのですが、今年は少人数で数回にわけて食事をするため、食事係を担当するワイナリーの女性たちは「一日中、料理と配膳をしていたわよ」って、苦労話を語ってくれました。

今年のぶどうの評価をうかがうと、「ぶどうの実が総じて小粒でだったので生産量は平均を下回りましたが、質の面では申し分なく、バランスのとれた深みのある味わいに仕上がった」ようです。

待ちに待った今年のボージョレ・ヌーヴォー、早期収穫、早期醗酵、早期熟成、そして、早期発送と、早期づくしです。実はコロナの影響でロジスティック面がとても心配されていました。ボージョレのネゴシアンと醸造家が話し合い、新酒の瓶詰めや発送を例年よりも1週間早めて、10月5日から国内発送が開始されました。海外への発送は、通常は解禁日の20日前(J-20)と決まっていますが(昨年は10月31日に海外発送されました)、今年は例外的に38日前(J-38)に行われました。ということで、日本にも無事にボージョレ・ヌーヴォーが到着してますね!

No image

さて、日本でもすっかりおなじみのボージョレ・ヌーヴォーですが、豆知識としてポイントをまとめてみました。

【ボージョレ・ヌーヴォーってどういう意味?】
「ボージョレ・ヌーヴォー(Beaujolais Nouveau)」は、フランス語で「ボージョレワインの新酒」のことです。「ヌーヴォー(nouveau)」は、フランス語で「新しい」という意味です。

【ボージョレ・ヌーヴォーの産地ってどこ?】
フランスのブルゴーニュ地方南部のボージョレ地区で造られています。ちょうどマコン(Mâcon)とリヨン(Lyon)の間に位置し、ソーヌ川に沿っておよそ55km縦長に広がる丘陵地帯です。「小さなトスカーナ」とも呼ばれ、200~400mの小高い丘が連なり、起伏に富んだ美しい景色が楽しめます。

No image

【ボージョレ・ヌーヴォーに解禁日があるの?】
法律大国フランスはボージョレ・ヌーヴォーの解禁日まで法律で定めているのです。
そもそも、誰でも好き勝手にワインを販売しないように、1951年、ボージョレ、コート・デュ・ローヌ、マコン、ブルゴーニュといったアペラシオンをもつワインは、その年に収穫したぶどうから造った新酒(プリムールワイン)は12月15日から販売が可能であるとして、発売日を法律で定めました。そうしたらボージョレの醸造家たちは、「ちょっと待ってよ。新酒といっても、私たちの新酒は早造りで、ほかのワインとは違うんだから。12月15日に販売開始だなんて遅すぎるよ」ということで、政府と交渉してほかのワインよりも1ヵ月早く、11月13日に販売が可能となりました。このとき、ボージョレの新酒を「ボージョレ・ヌーヴォー」と呼び、アペラシオンを取得しました。このように頑張ったものの、ボージョレ・ヌーヴォーは今日のような人気はまだなく、発売日は年によって変動していたようです。

1964年、ジョルジュ・デュブッフ(Georges Dubœuf)さんがネゴシアンとして自らの会社をボージョレ地方に創立しました。ジョルジュ・デュブッフさんは日本でボージョレ・ヌーヴォーを大々的に広めた立役者です。彼は、ボージョレ・ヌーヴォーの商品価値を高めるために品質向上に力を注ぎ、そして、ボージョレの醸造家やボージョレ出身の著名人たちと一丸となって、ボージョレ・ヌーヴォーの名を広めていくための活動を続けました。こうして、ボージョレ・ヌーヴォーの名が定着しはじめ、生産量も販売量も年々伸びていきました。

1967年、ボージョレ・ヌーヴォーの販売開始日が11月15日に制定されました。つまり、その日より前は販売禁止ということです。「11月15日午前0時、ボージョレ・ヌーヴォー解禁」というキャッチフレーズが商業的ブームを呼ぶことになります。70年代からボージョレ・ヌーヴォーブームが本格化し、フランス国内のみならず、日本をはじめ海外でも人気を博し、国内外のメディアで大々的に取り上げられるようになりました。人気が高まるにつれて、11月15日が日曜日にあたった場合、配送業、飲食店や小売店などが休業のため売れ行きに悪影響が出るという弊害が指摘されはじめました。解禁日が平日になるように政府との交渉が始まり、1985年に法律が改定され、11月第3木曜日がボージョレ・ヌーヴォーの解禁日となりました。今年は2020年11月19日木曜日午前0時です。毎年解禁日は変動します。

【ボージョレ・ヌーヴォーに種類はあるの?】
ボージョレと名乗れるワインは、AOC(原産地呼称統制)で定められた規定に準拠して造られていなければなりません。具体的には、生産地域、ぶどう品種、最低アルコール度数、最大収穫量、栽培法、剪定法、醸造法、熟成法、試飲検査が規定されています。たとえばボージョレワインの赤であれば、ガメイ種、白であればシャルドネ種のぶどうのみ使用できます。ボージョレ・ヌーヴォーは、ボージョレ地域で栽培されたガメイ種のみを使用して、ヌーヴォー仕様で醸造された赤ワインということになります。
ボージョレのほかに「ボージョレ・ヴィラージュ」というアペラシオンがあります。ボージョレの一部の村(38の村があります)が「ボージョレ・ヴィラージュ」を名乗ることができ、ボージョレよりも格が高いアペラシオンになります。ボージョレ・ヴィラージュにもヌーヴォーワインがあり、「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」と呼ばれ、アペラシオンを取得しています。

【ボージョレ・ヌーヴォーって他のワインと違うの?】
ボージョレ・ヌーヴォーは9月に収穫したぶどうを醸造して11月にはボトルに詰めて出荷するという短期間で造られるワインです。そのため、ほかのワインとは異なるボージョレ・ヌーヴォー独特の製造方法が採用されています。「マセラシオン・カルボニック法(Macération carbonique)」と呼ばれています。通常の赤ワインはぶどうを破砕して醗酵させるのですが、ヌーヴォーの製造では、ぶどうを破砕、除梗せずに、房ごと醗酵タンクに入れて密閉します。タンクに入ったぶどうは、自らの重みで潰れていき自然醗酵が始まります。醗酵が始まると、タンク内で二酸化炭素が充満していきます。二酸化炭素が充満すると果粒中の酵素によって細胞内醗酵を引き起こし、アルコールが生成されます。こうして、果皮や種子からのタンニンの抽出が少なく、渋みがおさえられ、ガメイ種の美しい色合いと、甘くフルーティな香りが生まれやすくなります。マセラシオン・カルボニック法はとてもシンプルですが、ボージョレ・ヌーヴォーを効率的に造り出すための伝統的な製法なのです。

No image

【ボージョレ・ヌーヴォーに合う料理は?】
ぶどう品種のガメイは爽やかでとてもフルーティですので、基本的には何でも合います。リヨン料理はボージョレワインと相性がよく、例えば、リヨンソーセージのブリオッシュ包み焼き、テリーヌやシャルキュトリ(ハムやサラミなど)といった肉加工品、川マスのクネル(はんぺん風の魚のすり身のオーブン焼き)、リヨン風サラダ(サラダ菜、ポーチドエッグ、ベーコン、鳥肝、クルトンなど)です。チキンソテーや仔牛のグリルもいいかも。餃子やシュウマイ、小籠包にも合いそうです。生牡蠣に合わせる方もいるようですよ。チーズとの相性もバッチリです。山羊チーズはいかがでしょうか。クリーミーなサン・マルスランチーズやサン・フェリシアンチーズもいいですね。

No image
No image

私は毎年きまって、リヨンのブション(大衆食堂)あるいはワインバーでボージョレ・ヌーヴォーを祝います。早くから予約しておかないと人気店はすぐに満席になります。ボージョレワインを愛飲するリヨン人(リヨネーズとリヨネ)にとって、ボージョレ・ヌーヴォー解禁は伝統行事のひとつ。フランスでは「ボージョレ・ヌーヴォー到着(Beaujolais Nouveaux sont arrivés)」がキャッチフレーズです! 冬の本格的な到来を前に、家族、友達、恋人、同僚たちとテーブルを囲んでにぎやかに祝います。

今年は残念ながらロックダウンのため自宅で祝うことになりました。おつまみにリヨンのシャルキュトリーの老舗「SIBILIA」からハム・ソーセージ盛り合わせを取り寄せ。爽やかな新酒は肉加工品と合いますね~。今年はぶどうの完熟度が高く、黒果実系のアロマが際立っていますが、バナナのノートも強調されています。収穫時期が早かったこともあって、早造りでも熟成期間が例年より少し長くなっただけに、濃厚さも感じられます。ラストノートにエレガントな芳香が口全体に広がっていきます。
なんといっても、タンニンが少ないのですうっと喉を抜けるこの飲みやすさがやっぱりヌーヴォーですね。普通の赤ワインより少し冷やしてもおいしいです。

実は、こんなうんちくをみんなで言い合って飲むのが実に楽しい。昨年の味を思い出しながら、今年の出来具合と比較して、ああだ、こうだといって、わいわい飲むのです。

今年はそれができずに残念ですが、ウイルスがぶどうを襲わなかったことに感謝、自然の恵みに感謝、ワイン造りという人間の英知に感謝、おいしく味わえる健康に感謝です。

ところで、未成年の飲酒は禁じられていますよ。また、アルコール摂取量はほどほどに!

No image
No image

日本も感染者数が増えています。
皆様、お身体をご自愛ください。

リヨン特派員

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加