サッカースペイン女子代表が“新代表メンバー”発表 選手側は代表チーム“ボイコット”表明

サッカースペイン女子代表が“新代表メンバー”発表 選手側は代表チーム“ボイコット”表明

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2023/09/19
No image

サッカーの女子ワールドカップ優勝後の表彰式で、スペイン連盟の前会長が女子選手の唇にキスをした問題に揺れるスペインで、新たな代表メンバーが発表された。

キスをされた選手がメンバーから外れた一方、選ばれた選手らは、代表チームのボイコットを継続すると表明し、混乱が広がっている。

スペイン・女子代表のトメ新監督は18日、ワールドカップの優勝メンバー23人のうち15人を含む新たな代表メンバーを発表した。

キスをされたエルモソ選手は代表から外れ、トメ監督は「これが彼女を守る最善の方法」だと述べた。

トメ監督:
まず第一に、私たちはエルモソ選手、そしてすべての選手とともにある。選手を助ける方法は、彼女たちに寄り添い、彼女たちの言葉に耳を傾けることだと信じている。これが今回の招集で彼女を守る最善の方法だと考えた。

この発表を受け、選手側は声明を発表し、連盟の抜本的な改革が十分ではないとして、代表チームのボイコットを継続すると表明した。

一方、代表を外れたエルモソ選手も「私を何から、誰から守るのか?連盟はきょう、ボイコットを表明している選手たちを召集した」とした上で、「連盟は何も変わっていない」と厳しく批判した。

この問題をめぐっては、ビルダ前監督が解任されたほか、連盟のルビアレス前会長は辞任している。

新たなメンバーで臨む代表試合は22日に開催予定だが、混乱はさらに広がりそうだ。

国際取材部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加