石子と羽男:“女優”生見愛瑠に称賛集まる 「演技うますぎて誰かわからなかった」

石子と羽男:“女優”生見愛瑠に称賛集まる 「演技うますぎて誰かわからなかった」

  • MANTANWEB
  • 更新日:2022/08/05
No image

「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」第4話に出演した生見愛瑠さん(C)TBS

女優の有村架純さんと俳優の中村倫也さんがダブル主演を務める連続ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系、金曜午後10時)第4話が8月5日、放送された。今回は、モデルの“めるる”こと生見愛瑠(ぬくみ・める)さんがゲスト出演し「めるるじゃなくて、女優・生見愛瑠さんだった!」「最後は鳥肌たった」など、演技力をたたえる声が続出した。

【写真特集】第4話場面カット全20枚! 前髪上げた中村倫也 有村架純×赤楚衛二のショットも

ドラマは、東大卒ながら司法試験に4回落ちた法律事務員・石田硝子(通称・石子、有村さん)と、一発合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男(通称・羽男、中村さん)がコンビを組むリーガルエンターテインメント。

第4話では、電動キックボードに乗っていた堂前一奈(生見さん)が新庄隆信(じろうさん)と接触事故を起こす。帰宅後に新庄の容体が急変し、警察はひき逃げ容疑で一奈を逮捕した。「すぐに男性に駆け寄った」と一奈に聞いた石子(有村さん)と羽男(中村さん)は示談の可能性を探るが、新庄の妻はひき逃げを主張。裁判に持ち込まれ、羽男は姉で検事の優乃(MEGUMIさん)と争うことに……という展開だった。

トラックのドライブレコーダーに残っていた映像から、一奈は新庄に声をかけ、救急車を呼ぼうとしていたことが分かった。新庄が助けを拒んだのは、違法賭博をしており、警察に事情を聞かれることを恐れてのことだった。自身がしっかり助けを呼んでいた映像を確認した一奈は涙を流す。そして、執行猶予付きで釈放されると、姉の絵実(趣里さん)と抱き合った。

SNSでは「めるる、演技うますぎて誰かわからなかった」「見ていて引き込まれました」「めるるのお芝居に泣かされた」などのコメントが集まっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加