阪神・井上に矢野監督がかける期待...結果よりも「思い切って振ってきてくれたらいい」

阪神・井上に矢野監督がかける期待...結果よりも「思い切って振ってきてくれたらいい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

8回阪神無死一塁、適時二塁打を放つ阪神・井上広大=甲子園(撮影・北村雅宏)

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場)

阪神の矢野燿大監督が、ドラフト2位ルーキーで、初安打・初打点をマークした井上広大について今後の飛躍につなげることを期待した。

八回に無死一塁から右中間へ適時二塁打を放った井上の話題に、安打については「いいツーベースだったと思います」と評価した指揮官。ただ、まだ“期待する戦力”ではないとした上で、「こっちとしては経験を積んでくれ」という段階であると語った。

セ・リーグを代表する大野雄との対戦も「どんなピッチャーか体で感じてこい。打てると思っては使ってない」という意図があってのもの。「今日ももちろん打ってくれたら最高だとは思っているけれど、打ってくれというよりは思い切って振ってきてくれたらいいと思っていかせている」と起用の意図を明かした。

井上自身は今後について、「1つ1つステップアップして、自分を取ってくれた球団だったり、お母さんだったり、支えてくれた人達に恩返しできるように頑張りたいと思います」と、一歩ずつ進んでいくことを誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加