ショパールの新作は“音”が違う!? 耳で味わうコンプリ時計

ショパールの新作は“音”が違う!? 耳で味わうコンプリ時計

  • LEON レオン オフィシャルWebサイト
  • 更新日:2022/08/06

WATCHES

2022.08.06

数ある複雑機構の中でも特に格上とされるのが、ミニッツリピーターに代表される「チャイム機構」たち。ショパールは美しい音色を探求するために、ある戦略を使ったのです。

CREDIT :

文/篠田哲生

WATCHES

2022 新作時計ニュース

ショパール

音楽家とタッグを組んだ、ショパールの新たなチャイムウォッチ

No image

©Federal-Studio

時計技術の進化によって複雑機構でさえも一般化が進み、比較的手に届きやすいモデルも誕生しつつありますが、チャイム機構は別格。その理由は、人の耳で美しいと感じる音を追い求めるという、職人技を要するからです。

ショパールはミニッツリピーターをはじめとしたチャイムウォッチの名手としても知られていますが、より美しい音を極めるために、バイオリン奏者のルノー・カピュソン、チェロ奏者のゴーティエ・カピュソン兄弟と、ジュネーブの工科大学HEPIAの応用音響学研究所で責任者を務めるロマン・ブランデ教授という音のエキスパートにサポートを依頼したのだそう。

澄んだ音色を響かせるために風防とモノブロック成形のサファイアクリスタル製ゴングを開発するなど、もはや楽器そのもの。より美しく時を知るために、音を追求する……これも腕時計のロマンのひとつの形なのです。

◆ L.U.C ストライク ワン

1時間ごとに美しい鐘を響かせる

No image

▲ 「L.U.C ストライク ワン」自動巻き、18Kエシカルローズゴールドケース(40mm)、アリゲーターストラップ。世界限定25本。800万8000円/ショパール(ショパール ジャパン プレス)

マニュファクチュールによるドレスウォッチをラインナップするL.U.Cに、チャイム機構を搭載。風防ガラスとモノブロック成形のサファイアクリスタル製ゴングを収納し、毎正時になると、チーンと音を響かせるシンプルな機構です。

しかも1時位置からハンマーが動く姿が見えるなど、メカニズムの美しさも別格。静かにしなければいけない場所のために、リューズのボタンで音のオンオフができるところも気が利いています。

ハニカムパターンのギョーシェ装飾は、メゾン創業時のシンボルであった“蜂”に着想を得たのだとか。メゾンの歴史も感じさせるディテールです。

◆ L.U.C フル ストライク サファイア

フルクリスタルケースによる力強い響き

No image

▲ 「L.U.C フル ストライク サファイア」手巻き、サファイアクリスタルケース(42.5mm)、アリゲーターストラップ。世界限定5本。5794万8000円(参考価格)/ショパール(ショパール ジャパン プレス) ※完売

そして、風防やケース、そしてムーブメントを一周するゴングにまでサファイアクリスタルを使用した、スペシャルなミニッツリピーターがこちら。

リューズのプッシュボタンを押すとチャイム機構が作動しますが、その動力は専用のゼンマイから供給されるので、安定した力強い音を奏でることがでます。

No image

©Federal-Studio

さらに、フルスケルトンのケースにより、美しい音を生み出す機構を360度全方向方から楽しむことができます。

※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

ショパール ジャパン プレス03-5524-8922

こちらの記事もオススメ!!

2022 新作時計ニュース

ブライトリングの定番ウォッチ「ナビタイマー」が完全リニューアル!

「ヴァシュロン・コンスタンタン」から伝説のラグスポ時計が復刻!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加