『サムバディ』は全く共感できないドラマ? カン・へリムの怪演に身震いが止まらない

『サムバディ』は全く共感できないドラマ? カン・へリムの怪演に身震いが止まらない

  • Real Sound
  • 更新日:2022/11/25
No image

Netflixシリーズ『サムバディ』独占配信中

11月18日から配信中のNetflixオリジナル韓国ドラマ『サムバディ』。アスペルガー症候群で天才的なプログラマー、キム・ソム(カン・ヘリム)と建築デザイナーのソン・ユノ(キム・ヨングァン)はソムが開発したマッチングアプリ「サムバディ」を通じて知り合い、不思議なシンパシーを感じ惹かれ合っていく。

参考:【写真】満面の笑みを見せるキム・ヨングァン

そこにソムの長年の友人で警察官のギウン(キム・スヨン)とギウンの友人で祈祷師のモグォン(キム・ヨンジ)が絡み、悲劇的な結末へと向かっていくのだった……。(以下、ネタバレあり)

共感性ゼロ? でも展開が気になる不思議なドラマ

最初に述べたいのは、本作には多くの性描写と暴力シーンが登場するということ。筆者もさまざまなドラマや映画を観てきたが、ここまでエログロを前面に押し出している作品を久しぶりに観た。特に動物好きにはつらいシーンもある。

そしてドラマや映画では、登場人物の考え方や行動に共感することで、物語に入り込んでいくことが多いが、少なくとも筆者にはそれがなかった。なぜなら登場する人たちの行動が突飛すぎるからだ。

主人公のソムは、アスペルガー症候群で人の感情を読み取ることができない人物として描かれている。なぜソムをアスペルガー症候群と設定しなければならなかったのか、作者の意図がいまいち読み取れなかったが、それはこの際、横に置いておくしかない。

ソムのことを案じる母親が、幼いソムに対し人の表情を絵に描いて懸命に「嬉しい」「楽しい」「悲しい」「恐怖」といった感情を教えていた。しかし、その時ソムは、「恐怖」を感じている人物の顔が紫色で描かれていることに疑問を抱く。

すると幼いソムは、思いがけない行動を取る。なんと紐で母親の首を絞めて母の顔が紫色になるかどうかを試すのだ。幼い子どもが紐を手に「もう一度お母さんの首を絞めてもいい?」と笑いながら聞くところは背筋が凍った。そのまま大人になり、どんな感情を持っているのか読み取れない女性になったのがソムなのだ。

そしてソムの長年の友人で警察官のギウンもなかなかぶっ飛んだキャラクターだ。

大事故で半身不随となり、車椅子生活を余儀なくされたギウン。男性との出会いを求めてマッチングアプリ「サムバディ」を利用し、そこで出会った人物と山で会うことを約束する。その人物が建築デザイナーのユノなのだが、そもそも初対面の男性に会うために、車椅子の女性が山の中へ向かっていくことが理解できない。

……と、このように物語を見ていく中で「あるある!」と感じることが限りなくゼロに近いのだが、10歩ぐらい下がり俯瞰して観ていくと、知らず知らずのうちに展開が気になってしまう不思議なドラマでもある。

その要因としてはいろいろ考えられる。物語を彩るクラシックをはじめとしたバラエティに富んだ音楽は「ここでこんな軽快な音楽を流すのか」という意外性があり、そのミスマッチがなかなか楽しい。

そして「共感できない」ながらも、登場人物たちの演技力にひきつけられていく。ソムを演じるカン・ヘリムの虚ろな表情、ギウンを演じるキム・スヨンの目力、もしかしたら登場人物の中で一番まともかもしれない祈祷師のモグォンを演じるキム・ヨンジの妖艶な雰囲気。

バラバラな個性を演じる3人の女性たちに引き込まれていくのは否定できない。

キム・ヨングァンが演じるサイコパス・ユノの悲劇

ソムとギウンを翻弄する男性、ユノ。背が高くイケメン、一見するとジェントルな雰囲気を漂わせている建築デザイナーだ。スポーツジムで耳にしたマッチングアプリ「サムバディ」に登録すると、そのルックスから多くの女性からアプローチをされる。

その中から選んだ女性とホテルで会いベッドインするのだが、異常な性癖のある相手の女性から「首を絞めて」と請われ、言われるがまま首を絞めたことにより女性を殺してしまう。ここからユノの暴走が始まった。

ユノを演じるキム・ヨングァンのサイコパスぶりが恐ろしい。いわゆる“キレる”沸点が低すぎるのだ。出会った女性のちょっとした言動が気に入らないと勢いで殺害する。中でも笑いながら女性の首を絞め、バスタブに沈めていくシーンは、夢に出てくるのではないかと思うぐらい強烈だ。

なぜユノがサイコパスになってしまったのか。背中に大きな傷跡があること、回想シーンで母親と思しき人物が出てきたことから、母親との間に何かあったのか……と想像するのだが、結論は導かれなかった。

そんなユノが、「サムバディ」を通じて知り合ったソムとギウン。2人の女性と男女の関係になったために奇妙な三角関係が生まれるのだが、ユノがシンパシーを感じたのはソムで、逆にギウンに対しては苛立ちを覚え、殺しはしなかったもののひどい目に合わせる。

やりたい放題のユノだったが、ソムに対して愛情を感じ始めたことによって、少しだけ人間味のあるところが垣間見えたような気がした。ソム自身も「ユノを逃したら二度と私を理解してくれる人は現れない」と思っていたため、2人で力を合わせるのかと思いきや、最終的にソムはカミソリでユノを殺してしまうのだ。

その衝撃的なシーンは強烈で、心臓がバクバクしてしまう人も多いだろう。「ユノを許さない。なんとしてでも捕まえる」と言うギウンからユノを守ろうとしていたソムが、突然どうしてそのような行動を取ったのか、見る人によって解釈は違うだろう。

殺してしまうことで、殺人を繰り返すユノを苦しみから解放したのか、それとも単にサイコパスなユノに嫌気がさしたのか……。

しかしいずれにしても、ユノを殺した後に何もなかったかのようにゲームに興じるソムの姿が強烈だった。ゲームをしながら次第に笑顔になっていくソムの顔が、この作品で一番サイコパスを感じたところだった。(咲田真菜)

Array

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加