カトリーヌ・ドヌーブ主演、仏名優陣のアンサンブルが楽しめる家族ドラマ「ハッピー・バースデー」公開

カトリーヌ・ドヌーブ主演、仏名優陣のアンサンブルが楽しめる家族ドラマ「ハッピー・バースデー」公開

  • 映画.com
  • 更新日:2020/09/16
No image

フランスの名優が顔をそろえた家族ドラマ (C)Les Films du Worso

フランスを代表する大女優カトリーヌ・ドヌーブ主演、国内外の作品で俳優としても活躍するセドリック・カーン監督による「Fete de famille」が「ハッピー・バースデー 家族のいる時間」として、2021年1月8日公開される。

個性豊かで、ユーモアと知性が漂うフランス流家族のいさかい、愛するからこそゆえの対立を描いた人間ドラマ。国民的女優ドヌーブが、問題だらけの家族を優しく見守る母親アンドレア役を、たしかな演技力と類稀な存在感で演じる。トラブルメーカーの長女クレール役は、監督としても活躍するエマニュエル・ベルコ(『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』)。芸術家肌の次男ロマン役は、個性派俳優バンサン・マケーニュ(『冬時間のパリ』)。そしてしっかり者だが融通のきかない長男ヴァンサンを、本作の監督セドリック・カーンが自ら演じる。また小説家として日本でも人気の高いレティシア・コロンバニ、期待の新人ルアナ・バイラミらも出演。フランスを代表する名優たちが奏でる見事なアンサンブルが、おかしくも愛しい家族の1日を豪華に彩る。

夏のある日、フランス南西部の豊かな自然に囲まれた邸宅で、母アンドレアの70歳の誕生日祝いが開かれようとしていた。だが行方不明だった長女の突然の帰郷が、誕生会を大混乱へ導いていく――。思い出の家をめぐる問題や複雑な親子関係、それぞれが抱える過去や秘密が次々に暴かれ、激しく感情をぶつけあう家族。はたして和解は訪れるのか? 幸福なはずの1日はどんな終わりを迎えるのか…?

ハッピー・バースデー 家族のいる時間」は、YEBISU GARDEN CINEMA他全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加