Slack、「ハドルミーティング」にビデオ通話など複数の新機能

Slack、「ハドルミーティング」にビデオ通話など複数の新機能

  • CNET Japan
  • 更新日:2022/06/23
No image

Slackは音声通話機能「ハドルミーティング」に、ビデオ通話など複数の新機能を追加する。同社は米国時間6月22日に開催した年次カンファレンス「Slack Frontiers」でこれらの新機能を発表し、「働き方の新しい現実」に対応しつつ、オフィスで同僚とともに働く時の「エネルギーと連帯感」を再現することを目指すものだとした。

ハドルミーティングは今後もデフォルトでは音声のみで始まるが、ビデオをオンにするオプションが提供される。自宅で働いている人やプライバシーが欲しい人のために、背景をぼかすことも可能だ。また、ハドルミーティング中に複数のユーザーが画面を同時に共有できるようになる。「特定のポイントや視覚要素を強調」するために、チームメイトの共有画面上で「描画やライブカーソルの使用」も可能になる。

さらに、ハドルミーティング内で共有されたすべてのコンテンツを保存するメッセージスレッド機能や、会話に反応するための絵文字、エフェクト、ステッカーも追加される。

これらの新機能は2022年秋に提供予定だ。

Slackは22日、「GovSlack」のリリースについても発表した。GovSlackは、政府機関の「他とは異なる課題」を対象に設計されたバージョンだ。2021年9月にプレビュー公開されており、7月から米国で一般提供となる予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加