飼育員のアゴをチュウチュウ 24万「いいね」バズ子実は...

飼育員のアゴをチュウチュウ 24万「いいね」バズ子実は...

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/05/13
No image

最近ネットで話題になった動画。

生まれたばかりの子馬が吸いついたのは、飼育員のあご。

4月30日、北海道の上山牧場がツイッターに投稿したところ、再生回数は、502万回。

「いいね」は24万件と、大バズり。

飼育員によると、まだ目が見えておらず、母親のお乳と勘違いして、吸いついたのだという。

上山牧場・上山真喜江さん「想像を絶する反応でしたね、正直。今はすごくバズったからっていうので、“バズ子”って呼ばれてます」

一躍有名になったバズ子。

12日の様子を撮影してもらうと、目も見えるようになり、お母さんのそばで、元気に走り回っていた。

そんなバズ子、実はお父さんが、すごい経歴の持ち主だった。

日本競馬史上初、G1・10勝を達成した「ホッコータルマエ」という競走馬。

将来はバズ子も競走馬になるが、バズ子という名で走るかどうかは、オーナー次第だという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加