英明、終盤の継投策的中 智弁和歌山は11安打実らず 選抜高校野球

英明、終盤の継投策的中 智弁和歌山は11安打実らず 選抜高校野球

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/03/19
No image

"英明―智弁和歌山 八回裏、左腕に送球を受けた後も力投を続ける英明の投手寿賀=林敏行撮影"

(19日、第95回記念選抜高校野球大会2回戦 香川・英明3―2智弁和歌山)

◎…英明の継投策が的中した。右横手の下村健太郎が90キロ台の緩い球をまじえ6回1失点。七、八回は寿賀弘都、九回は百々愛輝と左腕がつないで逃げ切った。打線は八回に3安打などで2点を勝ち越した。智弁和歌山は11安打を放ったが要所を締められた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加