【2021秋】10月の気温はどうなる?ロングコートはいつからOK?

【2021秋】10月の気温はどうなる?ロングコートはいつからOK?

  • 特選街web
  • 更新日:2021/09/15
No image

9月も中旬に入り10月の足音が聞こえてきました。気温差がさらに大きくなる季節なので、どのような服装をしようか悩んでいる方も多いはずです。そこで本記事では、2021年10月の気温を事前リサーチ。上旬・中旬・下旬ごとにおすすめの服装を解説しています。ユニクロ・GUで手に入るプチプラ秋物アイテムも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

2021年10月の気温予想

中途半端で服選びが難しい!

No image

10月は服選びが難しい季節です。最高気温25℃の日があれば最低気温10℃を下回る日もあります。日中は半袖で過ごせても、日が落ちればアウターが必要になるでしょう。ここでは、主要5都市の最高気温と最低気温を上旬・中旬・下旬にわけて調べました。コーディネートを考える際の参考にしてください。

[ 関連記事を読む - ファッション ]

※参考:AccuWeather(2021年9月13日時点)

2021年10月の気温:東京

[ 表組はオリジナルサイトでご覧ください ]

2021年10月の気温:大阪

[ 表組はオリジナルサイトでご覧ください ]

2021年10月の気温:名古屋

[ 表組はオリジナルサイトでご覧ください ]

2021年10月の気温:福岡

[ 表組はオリジナルサイトでご覧ください ]

2021年10月の気温:札幌

[ 表組はオリジナルサイトでご覧ください ]

【2021年最新】気温別に紹介!10月におすすめの服装をチェック

ここでは、10月におすすめの服装を気温別に紹介します。

10月上旬はロンTが大活躍

No image

10月上旬(1日~10日)の最高気温は各都市とも25℃前後になっています(札幌を除く)。日が出ている間は暑い可能性があり、半袖でも問題ないでしょう。ただ、最低気温が15℃以下になるケースも目立ちます。そんな中途半端なときにおすすめなのがロンTです。寒いときはそのまま着用し、暑くなれば腕まくりで対応できます。

10月中旬は薄手のカーディガンをフル活用

No image

10月中旬(11日~20日)の最高気温は20℃前半が目立ちます。半袖一枚だと厳しい日が出てくるでしょう。かといって「ロンTだけじゃ味気ない」と感じる方も多いはずです。

そんなときにおすすめなのが薄手のカーディガン。寒さ対策はもちろん、季節感のあるコーディネートに一役買ってくれます。近頃はウォッシャブルタイプの商品もリリースされており、カバンに入れてもシワが気になりません。カーディガンはコットンやウール素材を選びがちですが、取り扱いの観点からも化学繊維のアイテムをおすすめします。

10月下旬は本格的な寒さ対策が必須!

No image

10月も下旬(21日~31日)になると最高気温が20℃を下回ります。さすがに半袖一枚では厳しいので、日中でもロンTか長袖シャツが必要になるでしょう。また最低気温は10℃前半が普通になります。

ロングコートを引っ張り出すなら、本格的な寒さ対策を求められるこのタイミングです。ただウールのコートは重く見えますし、何より季節感とマッチしていません。コットン素材やポリエステル素材など、比較的な軽めの素材がおすすめです。

ユニクロ・GUで揃う! 10月におすすめのアイテムをピックアップ

10月に入って秋物を揃えたい気持ちはわかります。しかし、出費がかさみやすい冬物に備えるためにも、ここは我慢のしどころです。また、ユニクロ・GUのようなファストファッションブランドでも「使える」アイテムは豊富に用意されています。それぞれチェックしていきましょう。

ユニクロUのロンT

9月の気温の記事でも紹介しましたが、ユニクロUの「クルーネックT(男女兼用)」は万人におすすめできるアイテムです。1,990円(税込)という価格はもちろん、何よりカラーバリエーションが魅力的。PUPLEやOLIVEといったニュアンスカラーも手軽に試せます。

また、同じくユニクロUの「モックネックプルオーバー」もおすすめします。1枚での着用はもちろん、ジャケットやコートのインナーにもピッタリ。特徴的なモックネックがレイヤードに雰囲気をプラスしてくれるでしょう。

GUのカーディガン類

アイテムの品質だとユニクロが上ですが、カーディガンに関してはGUも負けていません。以前ご紹介した「ウォッシャブルカーディガン」をはじめ、スウェットライクでボタンレス、ステッチ入りなどデザイン性が高いアイテムを多数リリースしています。

中でもイチオシは「ダブルフェイスカーディガン」です。数年前から流行っているダンボールニット素材を使用しており、カーディガンながら光沢感のある仕上がりになっています。カラーバリエーションも落ち着いており子供っぽくなりすぎません。大人のメンズに選んでほしい1枚です。

ユニクロコラボラインのコート

別記事で紹介したように、ロングコートで要注目なのはユニクロUの「オーバートレンチコート」です。中でもDARK GREENは中々見かけない色なのでぜひチャレンジしてください。また、個人的におすすめしたいのがテック系のアイテム。機能性とデザイン性の両立を求められる難しいジャンルですが、ユニクロ×セオリーではそれらしき商品が発表されています。

No image

画像参照:https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E445618-000/00?colorDisplayCode=09&sizeDisplayCode=004

オールブラックのモードな装いです。ブロックテックの本アイテムは防風・防水・透湿を期待でき、天気が変わりやすい秋にピッタリ。ユニクロ公式がユニセックスでの着用を認めており、男性も購入して問題ありません。15,000円以下でこのレベルの機能性とデザイン性は、他のブランドだと実現不可能でしょう。

まとめ

本記事では、2021年10月の気温予想とともにおすすめの服装をご紹介しました。気温差が大きい季節なので、ロンTやカーディガンが活躍してくれるでしょうまた、高いお金を出さなくても、ユニクロ・GUを利用すれば高品質な秋物アイテムを用意できます。プチプラアイテムを駆使しながら賢く秋を乗り切りましょう。

平本良太(フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加