ベルキンがポータブルワイヤレス充電器をリコール、火災発生の危険性

ベルキンがポータブルワイヤレス充電器をリコール、火災発生の危険性

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/01/15
No image

Belkin(ベルキン)は、Apple Storeなどで販売していたワイヤレス充電機能付きモバイルバッテリーに、火災や感電の危険が生じる可能性があるとして自主回収(リコール)を開始しました。購入者は全額の返金を受けることができます。

電源ユニットの欠陥による火災の危険性

ベルキンがリコールを発表したのは、「Belkin ポータブルワイヤレス充電器+スタンドスペシャルエディション」(WIZ003)で、2020年7月から10月の期間、Apple Store、Appleオンラインストア、Belkin製品取扱店で販売されていました。

最大10ワット出力のワイヤレス充電機能を持ち、容量10,000mAhという同製品についてベルキンは、電源ユニットの製造上の欠陥により、充電器が誤作動して過熱し、火災や感電の危険が生じる可能性がある、と発表しています。

現時点において、負傷や物的損害の事例は確認されていないとのことです。また、対象製品以外のベルキン製品はリコールの対象となっていません。

すぐに使用中止し電源を切り、ベルキンに連絡を

ベルキンは、同製品を購入した方に対して、すぐに使用を中止し、電源を切るよう呼びかけています。また、詳細な回収手続きと払い戻しについて、同社まで問い合わせるよう案内しています。

リコールの対象となる製品は、バッテリーパックに記載されたシリアル番号で確認することができます。リコール対象品のシリアル番号は以下のとおりです。

35B01DO6029400-35B01DO6033704

35B01DO5010350-35B01DO5014350

35B01DO6016560-35B01DO6020560

35B01DO5014500-35B01DO5020003

35B01DO6010001-35B01DO6010500

35B01DO6010501-35B01DO6015500

ベルキンは迅速な回収手続きのために、製品の写真や購入時の領収書をアップロードできる、リコール受付用Webフォーム(本稿執筆時点では英語版のみ)を公開しています。

Source:Belkin日本語(PDF),英語viaThe Verge
(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加