育成の阪神小野寺が9試合連続安打も反省「一振りで仕留められるように」

育成の阪神小野寺が9試合連続安打も反省「一振りで仕留められるように」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/08
No image

阪神小野寺暖(2021年3月14日代表撮影)

<ウエスタン・リーグ:阪神3-11中日>◇7日◇鳴尾浜

育成選手の阪神小野寺暖外野手が打ちまくっている。2軍中日戦の3回1死、先発山井から9試合連続安打となる中前打。ただ、その後は三振と遊撃併殺打に倒れ「最後の打席も甘い変化球を仕留めきれなかったんで、一振りで仕留められるように」と反省。3割7分5厘の高い打率と同じように貪欲さも保っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加