強烈寒波 西日本で記録的な大雪 25日も交通機関の乱れなど警戒

強烈寒波 西日本で記録的な大雪 25日も交通機関の乱れなど警戒

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/01/25
No image

10年に一度の強烈な寒波の影響で各地で大雪となっている。きょうも交通機関の乱れなどに警戒が必要だ。

【映像】西日本で記録的な大雪

日本付近は24日から強い冬型の気圧配置となり、日本海側を中心に大雪となっている。24日夜は、岡山県で短時間の大雪に対して警戒を呼びかける「顕著な大雪に関する情報」が発表されるなど、西日本で記録的な大雪が降った。

普段雪の降らない地域でも雪が積もり、京都で14センチ、神戸で3センチ、長崎で5センチ、鹿児島で4センチの積雪を観測している。

25日も強い冬型の気圧配置が続くため、日本海側だけでなく太平洋側でも大雪となるところがある見込み。26日朝までに予想される雪の量は、多い所で東北で80センチ、北海道や北陸で60センチ、関東甲信や近畿で50センチなどとなっている。

また、非常に強い風が吹き、猛吹雪になる恐れがある。 北日本から東日本は瞬間的に30メートル以上の暴風が予想されている。(ANNニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加