レイズ筒香嘉智「7番一塁」3打数無安打1四球 15打数連続で快音なし

レイズ筒香嘉智「7番一塁」3打数無安打1四球 15打数連続で快音なし

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/05
No image

レイズ筒香嘉智(2020年2月23日)

<レイズ5-4アストロズ>◇2日(日本時間3日)◇トロピカーナフィールド

レイズ筒香嘉智外野手(29)が、「7番一塁」でスタメン出場し、3打数無安打1四球だった。

3点ビハインドで迎えた5回の第2打席に、先頭打者として四球で出塁。2番メドーズの同点3ランにつなげた。

その他の打席は、中飛、空振り三振、中飛。これで4試合連続、3四球を挟み15打数連続で無安打が続く。打率は1割5分7厘。

試合は、レイズが逆転勝ちを収め、連敗を3で止めた。3日は敵地でのエンゼルス戦。エ軍は大谷翔平投手(26)が先発予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加