Ryzen 7 5800U搭載の携帯ゲーム機風PC「ONEXPLAYER mini Ryzen版」が発売、計6モデル

Ryzen 7 5800U搭載の携帯ゲーム機風PC「ONEXPLAYER mini Ryzen版」が発売、計6モデル

  • AKIBA PC Hotline!
  • 更新日:2022/05/14
No image

ONEXPLAYER mini(写真はIntel CPU搭載版,参考用)

中国One-Netbookの7インチポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER mini」の新たなRyzen 7 5800U搭載版が発売された。

3種類のSSD容量(2TB、1TB、512GB)と2種類のディスプレイ解像度(1,920×1,200ドット、1,280×800ドット)を組み合わせた6モデルが用意されている。店頭価格は149,600~179,300円。ハイビーム 秋葉原本店は、期間限定で表示価格から10%引きで販売中。

Ryzen 7 5800Uを搭載した携帯ゲーム機風PC

ONEXPLAYER miniは7インチのIPSディスプレイやNVMe M.2 SSD、16GBのLPDDR4Xメモリ、Windows 11を搭載した携帯ゲーム機型のPC。ディスプレイの両サイドにジョイスティックやボタンなどを装備するほか、バッテリーを内蔵し、外出先でもPCゲームをプレイすることができる。

No image
No image
No image

先に発売されたONEXPLAYER miniではIntel製CPUが採用されていたが、今回の製品にはAMDのRyzen 7 5800U(8コア/16スレッド、最高4.4GHz)が搭載。また、3軸のジャイロセンサーを搭載したことで、体感ゲームがより楽しめるようになったとしている。ただし、サードパーティ製のドライバが必要とのこと。

本体のサイズは約262×107×23~35mm、重量は約619g。バッテリー容量は48Wh(12,600mAh)。ディスプレイは10点マルチタッチ対応。インターフェースはUSB-C 3.2×2(映像出力対応)、USB-A 3.0×1、3.5mmイヤホンジャック×1。無線機能はWi-Fi 6とBluetooth 5.0。

[取材協力:ハイビーム 秋葉原本店]

AKIBA PC Hotline!編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加