ボール持ったら浅野拓磨、前田大然にも負ける気がしない!“イナズマ”純也、高速ドリブルは何がスゴいのか?

ボール持ったら浅野拓磨、前田大然にも負ける気がしない!“イナズマ”純也、高速ドリブルは何がスゴいのか?

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/09/23
No image

ことし11月20日に開幕する「FIFA ワールドカップ カタール 2022」。ABEMAの番組『FIFA ワールドカップ64~日本のエース伊東純也を日向坂46影山が大解剖SP~』(7月31日放送)で、伊東純也がドリブルテクニックについて語った。

【映像】ドリブルは誰にも負ける気がしない

伊東は圧倒的スピ―ドを武器に、アジア最終予選で4ゴール2アシストを決め、日本代表をワールドカップ出場に導いた立役者だ。番組では日向坂46の影山優佳と対談することに。

ドリブルする上で大事にしていることについて問われると、伊東は「縦になるべくいきたいので、中にフェイントを入れてから縦にいくことが多い」と回答。

「最初に見るのは相手と本当に1対1かどうかとかカバーがいるかとか、味方の位置を見てから仕掛け始める。フェイントとか間合いがあったら使ったりもする。(相手が)近かったら揺さぶりかけたいというのはありますけど、遠かったらシンプルに(縦に)スピードを活かしていきたいというのはありますね」と、まずは観察して情報を集め、その後のプレーを決める材料にしていることを明かした。

影山は「個人的に伊東選手のドリブルでスゴイなって思うのが、ドリブルを前提としたファーストタッチ」と、ドリブルの技術に注目。「伊東選手が走ってギリギリ間に合う、かつ相手選手がギリギリ間に合わないような、ファーストタッチの流し方が本当にすごい」と絶賛した。

「ファーストタッチで意識することは?」と問われると、伊東は「相手の位置によってはファーストタッチはメチャクチャ大事になるので、上手くスペースに置けたら置きたいなというのはある」と、ボールや相手選手の位置取りの重要性について語った。

スピードスターの伊東だが、「小さいころから足は速かった?」という質問には「メチャクチャ速かったというわけではない」とコメントして「高校ぐらいから背が伸びて速くなった」と、成長とともにスピードが身についていったことを明かした。

「俺より(浅野)拓磨とか、(前田)大然のほうが速いんじゃないですかね」と言いながらも「ボール持ったら負けないですけど」と、確固たる自信を見せた。

photo:高橋学 Manabu Takahashi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加