【とっておきメモ】オリックス東晃平はチーム屈指のゲーマー「エイペックス」で集中力アップ

【とっておきメモ】オリックス東晃平はチーム屈指のゲーマー「エイペックス」で集中力アップ

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/07
No image

オリックス対日本ハム オリックス先発の東(撮影・前岡正明)

<とっておきメモ>

<オリックス3-1日本ハム>◇6日◇京セラドーム大阪

17年育成ドラフト2位から7月28日に支配下登録された東晃平投手(22)が、1軍2試合目の登板となった日本ハム戦でプロ初勝利。同じ17年ドラフト1位の清宮が1番に座る打線を6回1死まで1点に抑え、チームに5年ぶりの同カード勝ち越しをもたらした。

◇   ◇   ◇

チーム屈指のゲーマーが、神経を研ぎ澄ませ試合をコントロールした。オリックス東の趣味は「オンラインゲーム」で、ナインからは「上級者すぎる」と話題になるほどだ。

PS4を駆使して「エイペックス」をプレー。キャラクターを操作し、3人1組のチームで戦うバトルロイヤルで、集中力を高めてきた。

あまり感情を表に出さない東だが、7月30日ロッテ戦(ZOZOマリン)のプロ初登板直前には、さすがに緊張感があった。「初球、(バック)ネットに突き刺したら、緊張が全部取れるかな?」。そう話しながらも、149キロ直球でストライクを取り、リズムに乗った。

育成選手生活を経て、5年目でようやく上った初のお立ち台。ハマったゲームの「エイペックス」は頂点、頂上の意味合いがある。逆転連覇への秘密兵器として期待がかかる。【オリックス担当 真柴健】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加