火事で兄弟死亡 逮捕の伯父“家に子ども”を認識か

火事で兄弟死亡 逮捕の伯父“家に子ども”を認識か

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

兵庫県稲美町で住宅が全焼し、小学生の兄弟2人の遺体が見つかった放火事件で、逮捕された伯父が家に子どもたちがいることを認識していた趣旨の供述をしていることが分かりました。

(佐藤江里子記者報告)
24日夜に逮捕された伯父は、現在も加古川警察署で取り調べを受けています。

無職の松尾留与容疑者(51)は、19日の深夜、稲美町の自宅に火を付けて全焼させ、寝ていた小学6年生の松尾侑城さん(12)と1年生の眞輝さん(7)を死亡させた、放火と殺人の疑いが持たれています。

警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めていて、子どもたちが自宅にいることを認識していたという供述をしていることも、新たに分かりました。

防犯カメラの映像などから、松尾容疑者は火災の後、徒歩で現場を離れたとみられ、警察が24日午後、大阪市北区の公園でベンチに座っているところを見つけ確保しました。

松尾容疑者は、調べに対し淡々と応じているということで、警察が犯行のいきさつや動機などについて詳しく調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加