【阪神】湯浅京己がブルペンに入り 座った捕手に30球...左脇腹痛でリハビリ中

【阪神】湯浅京己がブルペンに入り 座った捕手に30球...左脇腹痛でリハビリ中

  • スポーツ報知
  • 更新日:2023/09/19
No image

左脇腹痛でリハビリ中の阪神・湯浅京己投手が19日、兵庫・鳴尾浜球場でブルペン入りした。

7月30日のウエスタン・リーグ広島戦(丸亀)で負傷して以降、傾斜を使ってのキャッチボールなどは行っていたが、座った捕手相手にブルペンで投げるのは初めて。30球を投げ状態確認した。

ポストシーズンでの復帰が待ち望まれる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加