上武大・ブライト健太が今大会2号「打った瞬間入ると思った」 4年ぶり4強/全日本大学選手権

上武大・ブライト健太が今大会2号「打った瞬間入ると思った」 4年ぶり4強/全日本大学選手権

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10
No image

1回、適時二塁打を放つ上武大・ブライト=神宮球場(撮影・土谷創造)

全日本大学選手権第4日(上武大11―3東農大北海道大=規定により七回コールド、10日、神宮)上武大の「3番・中堅」で出場のブライト健太外野手(4年)が四回に今大会自身2号ソロを放ち、チームを4年ぶりの4強に導いた。

ブライト健太は四回2死走者なし、カウント2-0から145キロの直球を左翼席へ運んだ。

「ホームランを狙っていました。打った瞬間入ると思った」

チームはこの一発を含め六回までに3本塁打を記録。毎回得点の11点を奪い七回コールドの大勝を飾った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加