吉田沙保里さん 五輪3連覇の秘話明かす「本当に調子が悪かった」 ジンクスある中...最後は気持ちで

吉田沙保里さん 五輪3連覇の秘話明かす「本当に調子が悪かった」 ジンクスある中...最後は気持ちで

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/20

レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里さん(38)が19日深夜放送のカンテレ「こやぶるSPORTS超」(月曜深夜0・25)に出演した。

No image

吉田沙保里さん

番組では五輪を控えた関西ゆかりのアスリートを特集。吉田さんは自身の五輪を振り返って、「初出場のアテネは若さと勢いで優勝できました。一番緊張したのは3連覇がかかったロンドンです」と明かす。この大会では旗手を務めた。当時、旗手は金メダルを取れないというジンクスがあったが、「旗手をするからじゃなくて、本当に調子が悪かったんです」と語った。

それでも金メダルを獲得できたのは、気持ちをうまく持っていけたから。「ここに3連覇しに来たんだ、絶対に金メダルを取るんだ、とオンになって、本当に気メダルを取れました」と回顧。その上で「最後は気持ち。人間は気持ちでこれだけ変わる。強気でいかなきゃいけないと、そこで学びました」と伝えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加