ヤクルト山崎V打、今季本拠地の神宮で初勝利 広島連勝逃す、森浦1敗目

ヤクルト山崎V打、今季本拠地の神宮で初勝利 広島連勝逃す、森浦1敗目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

ヤクルト対広島 7回裏ヤクルト1死二塁、勝ち越しの右前適時打を放つ山崎(撮影・河田真司)

<ヤクルト3-2広島>◇7日◇神宮

ヤクルト先発の高梨は3回まで打たせて取る投球で1安打無失点。広島先発の床田も3回まで二塁打1本の無失点に抑えた。

ヤクルトは4回に村上の適時二塁打で1点先制。広島会沢、菊池涼のソロ2本で勝ち越されたが6回に荒木のスクイズで再び同点。

ヤクルトは7回に山崎が右前へ決勝適時打。1点リードを守り、今季本拠地神宮で初勝利を挙げた。ヤクルト・マクガフが1勝目、石山3セーブ目。広島は3番手森浦が1敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加