【東京新馬戦】シーオブドリームが完勝 津村「最後までしっかり伸びた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/18

東京4R(ダート1400メートル)好位から抜け出したシーオブドリーム(牝=矢野、父ホッコータルマエ)が、5馬身差をつけ完勝。1番人気に応えた。

津村は「内枠だったので先生と相談して、あえて砂を被せる競馬をした。キックバックも苦にしなかったし、最後までしっかり伸びた。性格のいい馬だし楽しみ」と高評価。矢野英師は「先を考えて逃げたくなかった。文句ない競馬。これからのことは未定」と満足げな表情を浮かべていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加