21年ラグビー女子W杯組み合わせ決定

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

ラグビーの21年女子W杯ニュージーランド大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が20日に行われ、アジア予選1位は前回4位の米国、カナダ、欧州予選1位とB組に入ることが決まった。

新型コロナウイルスの影響で来年へ延期となったアジア予選は日本、香港、カザフスタンが争い、1位は本大会出場、2位は最終予選に回る。2大会連続W杯出場を目指す女子日本代表のレスリー・マッケンジー・ヘッドコーチは「どの国が抽選結果の組に入っても面白くなるでしょう」とアジアのレベルをアピールした。本大会は来年9月18日~10月16日にオークランドなどで行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加