日産ルークスが選ばれた理由が分かる人は天才?カレーで新イベントを開催

日産ルークスが選ばれた理由が分かる人は天才?カレーで新イベントを開催

  • MOBY
  • 更新日:2021/10/15

日産ルークスで産地を回って「家族のカレー」を作る新しいお出かけの提案

No image

日産自動車は、同社が販売する軽自動車「ROOX(ルークス)」を使って、新しいイベントの開催を発表しました。その名も「走って作ろう、家族のカレー DRIVE RECIPE MADE BY NISSAN ROOX」。地域の食材を学び、収穫しながら家族のカレーを作るという、一風変わったプロジェクトです。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う外出自粛の影響で、家族でのお出かけが難しい世の中になってしまいました。日産はこの状況を打開するため、次の3つを目的にプロジェクトを開始する運びとなったのです。

自分が暮らす地域のご当地食材を調べる

家族で産地へドライブし収穫・調達を行う

その食材を使って、家族だけの特別なカレーを作る

今回のイベントは、家族の定番メニューのカレーと、日産自動車のルークスの名前が、カレーソースを意味するルー(ROUX)に綴りが似ていることからコンセプトが決定。ギャグのようなタイトルですが、この企画には神奈川県横浜市に本社を置くエバラ食品株式会社も協賛する、ビッグプロジェクトとなりました。

イベントで使用されるカレールーは、このイベントだけで使われる、その名も「NISSAN ROUX(ニッサン・ルー)」。日産グローバル本社ギャラリーで10月13日(水)~11月23日(火)の間で配布されます。今回は神奈川エリアの「食材マップ」と「家族のお出かけ学習帳」が合わせて配布されますが、10月16日(土)以降、全国6会場のイオンモールで開催する日産ルークスの車両展示イベントで、クイズラリーに参加した方にもカレールーのプレゼントがあります。

No image

なぜカレーになったのかという話ですが、家族の定番メニューでありルークスと名前が似ていること、そして協賛企業であるエバラ食品の人気商品「横濱舶来亭」とのコラボレーションの意味が込められています。これに先立ってエバラ食品側もコメントを発表しており、「地産地消の「横浜カレー作り」体験が地域の魅力再発見に繋がるとともに、家族との絆を深めるきっかけになれば幸いです。」と担当者は述べていました。

イベントはまず神奈川県からスタートしますが、特設サイトで7つの地域別の「全国ご当地食材マップ」を公開し、神奈川県以外のファミリーも楽しめるイベントとなっています。長引く自粛生活で家族のお出かけ時間が減っている昨今、新しい観点として地産地消の問題と織り交ぜながら、今回のイベントが新たな家族のお出かけスタイルになればと日産自動車も発表しています。

嘘のようで本当になった今回の企画。カレー作りを通して、家族の絆を深め、かつ地域の良さを再発見するイベントとなるのでしょうか。全国展開の可能性も含めて今後の注目も集まります。

日産 ルークス完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

日産 ルークスとはどんな車?

現在販売中の全モデルを一挙に掲載!

日産 ルークスの購入後にかかる維持費

※文中の参考リンクは削除されております。参考リンクは元記事(オリジナルサイト)でご確認ください。

PBKK

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加