【Stay Home Books】これを読めばマツダ RX-7 FD のすべてがわかる

【Stay Home Books】これを読めばマツダ RX-7 FD のすべてがわかる

  • レスポンス
  • 更新日:2021/05/02
No image

3代目「RX-7」と2代目「サバンナRX-7」

もっと画像を見る

『マツダ RX-7 FDプロファイル』

1991-2002

編著:自動車史料保存委員会

発行:三樹書房

定価:1980円

ISBN978-4-89522-746-9

昨年100周年を迎えたマツダ。その歴史において今なお人気の高い『RX-7』の3代目にあたるFDをフィーチャー。関係資料を駆使して詳細に網羅した1冊が上梓された。

1991年、ピュアスポーツカーを目指して、3代目となるRX-7(FD)が誕生。FDは約11年のモデルライフの間に度重なる改良を繰り返し、進化を続けた。

本書では、マツダの公式資料を基にFDのメカニズム、デザインを詳細に説明。また、開発時に主査を務めた小早川隆治氏、発売翌年に主査を引き継いで生産終了まで担当した貴島孝雄氏両名による書き下ろし原稿も収録。モデル変遷、特別仕様車11車種を全て紹介し、詳細な年表も収録するなど資料性も高められている。対象をFDに絞ることで、「これまでの書籍では出来なかった詳細な解説とお求めやすい価格を目指した」と出版社は語る。

三樹書房ホームページでは、小早川氏、貴島氏のインタビューを収録した関連動画を公開している。

この本は三樹書房とグランプリ出版の協業による新企画、「Historic Car Book(ヒストリックカーブック)」の第1弾である。デザインやメカニズムなどに優れた車種を選出し、できるだけ詳しく、わかりやすく解説することを目的に刊行された。執筆にあたっては、メーカーなどからの公式な資料のみを使用し、ネット情報やウィキペディア等からは一切引用しないルールとし、信頼できる内容のみを紹介する考えが取られた。

写真も、その構造やメカニズム、エクステリアやインテリアなどの写真も積極的に掲載。紹介するモデルを一車種に絞り込むことにより、限定車やマイナーチェンジに関しても網羅することが可能になったという。

No image

内田俊一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加