91歳女性が自宅で死亡 けい椎など損傷、全身にあざが...外部から侵入の形跡なし92歳夫を逮捕 北海道北見市

91歳女性が自宅で死亡 けい椎など損傷、全身にあざが...外部から侵入の形跡なし92歳夫を逮捕 北海道北見市

  • HBCニュース
  • 更新日:2023/01/30
No image

動画は元記事でご覧いただけます

去年11月、北見市で91歳の女性が死亡し、警察は事件の可能性があるとみて捜査していましたが、25日、容疑が固まったとして92歳の夫を傷害致死の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは北見市の無職、小林繁哉(こばやし・しげちか)容疑者92歳です。
小林容疑者は去年11月、同居していた妻の一子(いちこ)さん当時91歳に自宅で暴行を加え、首にけがをさせて死亡させた傷害致死の疑いが持たれています。
司法解剖の結果、一子さんはけい椎とけい髄を損傷していたほか、全身にあざがあったことがわかっています。
警察は、外部から侵入した形跡がないことなどから、25日、小林容疑者の逮捕に踏み切りました。
調べに対し、小林容疑者は容疑を否認しています。

1月25日(水)「今日ドキッ!」午後5時台

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加