MINI、新型「MINI カントリーマン」予約受注開始 価格489万円から、クロームパーツやレザーを排除したMINI次世代モデル第1弾

MINI、新型「MINI カントリーマン」予約受注開始 価格489万円から、クロームパーツやレザーを排除したMINI次世代モデル第1弾

  • Car Watch
  • 更新日:2023/11/21

2023年11月21日 発表

No image

新型MINI カントリーマン

ビー・エム・ダブリューは11月21日、「MINI クロスオーバー」をフルモデルチェンジした新型「MINI カントリーマン」の予約注文受付を開始した。価格は489万円〜667万円で、納車は2024年第1四半期以降を予定している。

日本ではMINI クロスオーバーと呼称されたMINI カントリーマンは、2011年にMINIの4番目のモデルとして誕生したプレミアム・コンパクト・モデルのSUV。2017年には2代目に進化し、3代目となる新型MINI カントリーマンは、MINI次世代モデルの第1弾モデルとして登場する。

新型MINI カントリーマンのモデルラインアップは、「C」「D」 「S ALL4」「MINI John Cooper Works Countryman」の4モデル。ボディサイズは4445×1845×1660mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2690mm、MINI John Cooper Works Countrymanは、4445×1845×1645mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2690mmとなる。

新型MINI カントリーマンの主な特徴は、全てにおいて刷新されたエクステリアやインテリアデザインのほか、サイズアップに伴い、よりSUVらしく力強さを飛躍的に向上させたところ。さらに、エクステリアやインテリアの素材からクローム・パーツやレザーを排除し、代わりに採用した新素材にはリサイクル・ポリエステルやリサイクル・アルミニウムを利用するなど、将来を見据えた次世代モデルであることを印象付けた。機能面でも大幅な刷新が行なわれ、MINIとして初となるハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載するなど、安全機能や運転支援システムを進化させた。

パワーユニットは、Cには最高出力115kW/5000rpm、最大トルク230Nm/1500-4600rpmを発生する直列3気筒 1.5リッターガソリンエンジンを、Dには最高出力110kW/4000rpm、最大トルク360Nm/1500-2500rpmを発生する直列4気筒 2.0リッターディーゼルエンジンを、S ALL4には最高出力150kW/5000rpm、最大トルク300Nm/1450-4500rpmを発生する直列4気筒 2.0リッターガソリンエンジンを、MINI John Cooper Works Countrymanには最高出力233kW/5750rpm、最大トルク400Nm/2000-4500rpmを発生する直列4気筒 2.0リッターガソリン・エンジンを搭載する。

トランスミッションは全モデル7速DCT、駆動方式はCとDが2WD、S ALL4とMINI John Cooper Works Countrymanが4WDを採用する。

なお、新型MINI カントリーマンに関する新しい取り組みとして、次世代を見据えた販売チャンネルでも販売される。従来MINIの新車は、MINI正規ディーラーでのみ注文の受付を実施していたが、新型MINI カントリーマンを含め、今後発表される全てのMINIは、365日24時間利用可能なMINIオンライン・ストアより注文が可能となる。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

新型MINI カントリーマン

編集部:椿山和雄

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加