トルソワは3A失敗で3位発進 フリー4回転3本で逆転なるか

トルソワは3A失敗で3位発進 フリー4回転3本で逆転なるか

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/21
No image

アレクサンドラ・トルソワ

「フィギュアスケート・ロシア杯」(21日、モスクワ)

女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤ(17)=ロシア=が78・84点で首位発進を決めた。元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(23)=ロシア=が74・70点で2位、昨季のGPファイナル3位のアレクサンドラ・トルソワ(16)=ロシア=が70・81点で3位につけた。昨季のGPファイナル2位のアンナ・シェルバコワ(16)=ロシア=は肺炎のため欠場した。

新SP「Love Story」で挑んだトルソワだったが、冒頭のトリプルアクセルに失敗。続く3回転フリップを決め、3回転ルッツ-3回転トーループは両手をあげた形で完璧に決めたが、3位発進となった。トリプルアクセルは直前練習で成功させていただけに、ロシアの通信社タス通信によると「なぜうまくいかなかったのか分からない」と話したという。それでも、キスアンドクライでプルシェンココーチに声を掛けられると、笑顔も浮かんだ。

女子屈指の4回転ジャンパーにとって、首位まで約8点差は射程圏。フリー「ロミオとジュリエット」では、4回転ルッツなど3本の4回転に挑む予定となっている。

今季のGPシリーズはコロナ禍で世界各国において渡航や入国が制限されていることから、各大会とも開催国の選手、開催国で定期的に練習している選手などに参加を限り、1人1大会出場で変則的に実施される。審判も開催国の審判のみとなるため、得点は参考記録となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加