モンテディオ山形MF山田康太が柏レイソルへと完全移籍! 「山のプリンスは永遠」と惜別コメントが寄せられる

モンテディオ山形MF山田康太が柏レイソルへと完全移籍! 「山のプリンスは永遠」と惜別コメントが寄せられる

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2022/11/25
No image

山のプリンスが柏へと移籍(写真はイメージです) 撮影:中地拓也

モンテディオ山形は11月25日、MF山田康太柏レイソルへの完全移籍を発表した。山形のファンは分かれを惜しみつつ、背番号10の新天地での活躍にエールを送っている。

関連:【J1参入プレーオフ1回戦】「九州ダービー」ロアッソ熊本の勝ち上がりの裏に「スカウティング」あり!87分の同点ゴールにあった「熊本の狙い」【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)

山田は神奈川県出身で、横浜F・マリノスの下部組織で育った。2018年にトップチームに昇格し、ルーキーイヤーはリーグ戦8試合に出場して1ゴールを記録。年代別日本代表にも選ばれており、2019年はU-20ワールドカップに出場している。

そして2019年からは1年ごとに期限付き移籍を繰り返し、名古屋グランパス水戸ホーリーホック、モンテディオ山形でプレー。2022年シーズンからは山形へと完全移籍し、背番号10も背負っていた。

2020年からJ2でのプレーが続いていたが、昨シーズンはリーグ戦でキャリアハイとなる8ゴールを挙げていた。今季はリーグ戦で5得点を奪い、J1参入プレーオフ2回戦でもゴール。定評のあるパスセンスのみならず、決定力もあるMFへと成長していた。

横浜FM時代には「ハマのプリンス」と呼ばれており、山形では「山のプリンス」として親しまれていた山田。チームを引っ張ってきた主力を失うことになるが、山形のファンは別れを惜しみつつ、クラブのツイッター公式アカウントでの発表に応援の言葉を送っている。

■「次買う康太のユニは日の丸」

「山のプリンスは永遠です」
「J2に収まる器でないのは確か」
「2年間ありがとう、こちらも上がって柏と対戦出来るのを楽しみにしてるから、試合に出て活躍してや!」
「今年買った10番ユニは思い出と共に宝物にします。次買う康太のユニは日の丸だからな!」

今季の山形は2年連続の7位から一歩進み、最終節に逆転で6位になり、J1参入プレーオフに進出。2回戦でロアッソ熊本と2-2で引き分け、レギュレーションにより勝ち進めなかったが、来季こそJ1復帰を果たして“プリンス”との再会を目指す。

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加